犬の散歩を楽しもう

犬の散歩、夏は行かない方がいい?熱中症や火傷に注意して散歩しよう

暑くなってくると犬の散歩の時間帯ってどうしようか迷ってしまいますよね。

飼い主のあなたも夏に散歩に行けば汗だくになってしまうし、あなたの愛犬も暑さでハァハァ息切れしているのではないでしょうか。

『熱中症になっちゃうんじゃない?』『肉球って火傷するって聞くけど大丈夫?』などと不安になり、散歩に行ってもいいか心配になってしまいますよね?

結論から言うと夏でも犬の散歩に行って大丈夫!

…ですが『熱中症や火傷などに注意して散歩に行きましょう』ということです。

いつも午前9時頃に散歩に行っているとしても、夏の午前9時では日差しが強くてアスファルトは触ってられないほど熱くなってしまいます。

そんな暑さの中、可愛い愛犬を散歩させては熱中症になったり火傷を負わせてしまう可能性があります。

ここでは、夏の犬の散歩の注意点を紹介します。

うっき
うっき
夏でも愛犬の喜ぶ顔が見たいので散歩に行きたいですよね 

 

夏の犬の散歩の注意点

好きな時間に行っていた散歩も、夏の暑い間は散歩に行く時間も限られてきます。

近年の夏は猛暑が続き、気温は連日30度を超えたり、夜になってもヒートアイランド現象でなかなか気温が下がらず《熱帯夜》となるのが当たり前になってきました。

炎天下の中外に出るのは人間でも嫌になります…。

そのため『まだ涼しい午前中に散歩に行こう』とか『日が沈んだ夕方に散歩に行こう』

と考える人が多いのですが、その時に気を付けてほしいのが《地面の熱》です。

日中の太陽に熱せられたアスファルトは夕方になっても熱いままですし、日が出ればすぐに熱くなってしまいます。

夏の暑い時期は、この熱い地面に注意して散歩をする必要があるのです。

  • 犬の身体は地面に近いから
  • 犬は裸足状態で散歩しているから
  • 犬には汗腺がないから

以上の理由を詳しく説明していきます。

 

犬の身体は地面に近いので【熱中症】に注意

夏の犬の散歩では【熱中症】に注意して下さい。

人間だけでなく犬も熱中症にかかります。

犬は人間よりも地面に近い位置を歩かなくてはいけませんよね。

人間よりも背の低い犬たちは道路からの照り返しの影響を受けやすく、人の何倍もの暑さを感じてしまうのです。

犬が散歩中に熱中症になってしまうのも、道路の照り返しが原因になる場合が多いようです。

太陽の日差しも身体に直接当たるし、地面からの熱で間接的に身体を温められてしまうので、熱中症になってしまうのもわかりますよね。

・体温調節が苦手な犬(ペキニーズ、パグ、フレンチブルドッグなど)は、息の通り道が狭く高温状態になりやすい

・大型犬(ゴールデンレトリーバー、ラブラドールなど)は、小型犬に比べて体温を下げにくい

・呼吸器や心臓に疾患のある犬も、通常の犬に比べると熱中症になりやすい

うっき
うっき
  あなたの愛犬の特徴や性格を理解して、長距離の散歩は控えたり、飲料水は必ず持って散歩に行くようにしましょう。

 

裸足状態で散歩しているので肉球の【火傷】に注意

真夏のアスファルトは50~60℃もの温度になるため、肉球の火傷には十分に注意して下さい。

人間は靴を履いているのでわかりづらいですが、地面を手で触ってみると場所によってはずっと触っていられないくらい熱くなっていることがわかります。

犬にとったら、そのような場所を『裸足で歩け!』と言われているようなものなのです。

うっき
うっき
  道路やマンホールなどは想像すれば熱いのはわかりますが、芝生も靴の裏が焦げるくらい熱せられていることもあります。

『もう夕方で風も気持ちいいから散歩に行こう♪』と思っていても、アスファルトの熱は冷めていないことが多いので注意して下さい。

熱くてずっと触ってられない場合は火傷になる可能性が高いので、散歩は控えるようにした方がいいでしょう。

海に犬を連れていくのはいいいのですが、砂浜をずっと歩かせるのはやめたほうがいいでしょう。

去年の夏に海で見た犬は、砂浜が熱くて飛び跳ねるように飼い主の後ろをずっと歩いていました。(飼い主は気付いていないようだった)

人間でも砂浜の上を裸足で歩くのは熱いのだから、犬だって一緒です。

犬は痛みに強いといわれているので、熱さをずっと我慢して『気付いたらいつの間にか火傷していた』ということになりかねません。

ぺこ
ぺこ
肉球はやわらかくて傷つきやすいんだよ!

 

犬は汗腺がないので熱中症になりやすい

人間は、身体全身の汗腺から汗を出すことによって体温を調節することができますが、犬は汗腺がないので(鼻や肉球のごく一部にはある)、熱中症にかかりやすいのです。

犬は走ったり身体が熱くなってくると、下を出して『ハァハァ』と息を切らせいますよね。

この《パンティング》という行動で、体内にこもった熱を口から吐き出して外の涼しい空気を取り入れることによって体温を下げようとしているのです。

人間のように汗をかけない犬は、身体を冷やすためにはパンティングをするしかありません。

夏の気温や地面からの照り返しで体内に溜められた熱をパンティングだけで放出することができなくなるので、熱中症にかかる可能性が高くなってしまうのですね。

うっき
うっき
  犬がボーっとしてないか・呼吸がいつもより荒くないかなど、よく観察して散歩しましょう。

 

夏の散歩の時間帯はいつがいい?

真夏でも可愛いわが子のため散歩に行きたいし、愛犬だって外に出たくてウズウズしていることでしょう。

熱いからといって散歩に行かなければ犬のストレスになるし、運動不足になってしまいます。

そこで、夏の犬の散歩に行く時間帯でおススメなのが、道路が冷めている《早朝の明け方》と日が沈んでから時間が経った《夕方以降の夜》です。

どちらもアスファルトの熱を確認してから散歩に行きましょう。

 

早朝の犬の散歩

多少地域差があるとは思いますが、夏の散歩の時間帯でおススメするのは4時~6時の間です。

4時くらいからだんだん空が明るくなってきて、7時くらいになると日差しも強く太陽の暑さを肌で感じられるくらいになってしまいます。

早朝なら日中に熱せられたアスファルトも夜には冷めて、人間も汗をかかないくらいの体感温度で快適に散歩できます。

5時過ぎなら外も明るくなって周囲も良く確認できるので危険も少ないです。

日差しも蚊も少ない時間帯なので、生活時間が合う人は早朝に散歩に行くことをおススメします。

 

夜の犬の散歩

仕事の都合や生活習慣が合わない人は、完全に日が沈んでから犬の散歩に行きましょう。

夏でも20時頃は真っ暗ですが、日が暮れてからそこまで時間が経過していないためアスファルトの熱は残っていることも多いです。

人間は多少涼しく感じてきても、地面に近い犬はまだまだ暑さを感じていることでしょう。

なので、散歩コースを工夫したり愛犬の体調をよく観察しながら、よるでも水を持って散歩するようにしてあげて下さい。

うっき
うっき
  アスファルトよりは比較的温度の低い芝生の上などを歩かせてあげるのもいいですね。

夜間の散歩は危険が多いです。人にも犬にもLEDライトや反射板を付けたりして交通事故を防ぎましょう。

【⇓夜間の犬の散歩におススメしたいグッズを紹介⇓】

犬の散歩を夜にする時のおススメグッズ10選!愛犬を危険から守ろう仕事が忙しくて日が沈んでからしか散歩ができない人や、夏の暑い時期だけ夜に散歩をする人も多いのではないでしょうか?夜の犬の散歩では、ライトや反射板、発光する散歩グッズが必須といってもいいでしょう。ここでは、夜の犬の散歩におススメしたい散歩グッズを紹介します。...

 

夏の犬の散歩は熱中症と火傷に注意!

まとめ
  • 道路が冷めた早朝に散歩に行く
  • 日が完全に沈んだ夜に散歩に行く
  • 散歩の前にアスファルトを素手で触ってみる
  • 息切れなど体調に注意する

犬種や犬の個体差によって体力や運動量が違うので、あなたの愛犬の特徴をよく理解し、よく観察しながら散歩しましょう。

「いつもより呼吸が荒いな」などと異変を感じたら、無理せず早めに散歩を切り上げるようにした方がいいですね。

短い時間の散歩でも犬にとっては気分転換になるしストレス発散になるので、散歩の距離や時間を減らして回数を増やすなど工夫してみてもいいですね。

近年では猛暑や熱帯夜が続くことが多いので、決して無理することなく夏の散歩を楽しみましょう。

ABOUT ME
うっき
犬のパパとして一緒に暮らしてきた経験を元に、犬を初めて迎え入れる方へ向けて、犬に関する様々な情報を発信・共有するブログです。幸せなドッグライフをナビゲーションできるようなサイトにしたいと思い、『わんパパぐらし』を立ち上げました。 我が家の愛犬は2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのミックス犬)です。よろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。