犬のボディケア

犬のブラッシングで使うブラシの種類は何がいい?犬種で使い分けよう

犬の魅力の1つでもあるのが〝被毛〟ですよね。

魅力ある被毛を維持するためには、日々のブラッシングが大切になってきます。

愛犬のブラッシングをしよう!と思って、ブラシをペットショップに買いに来たはいいけど『ブラシの種類がいっぱいあってどれを買ったらいいかわからない…』と悩んでしまった経験ありませんか?

長毛犬や短毛犬で使用するブラシの種類が違うしブラッシングの仕方も違いますが、基本的には飼い主が使いやすいもの・犬が嫌がらないものを使用したらOKです。

理由は、飼い主がブラッシングをやりづらかったら愛犬は嫌がるし、愛犬が嫌がればうまくブラッシングができないからです。

ここでは、ブラシの種類で悩んでいる飼い主さんへ向けて、犬のブラッシングで使用するブラシの種類や用途を紹介します。

ここで紹介するブラシを参考に、色々試してみて下さい。

 

犬のブラッシングで使うブラシの種類・用途・注意点

主に犬種による被毛のタイプで使用するブラシの種類を使い分けますが、飼い主が使いやすいものや犬が嫌がらないものを使用すれば問題ありません。

うっき
うっき
  我が家の愛犬もスリッカーブラシを嫌がったり、コームを嫌がったりするので使い分けています。

では、ブラッシングで使用するブラシの種類・用途・注意点を紹介します。

 

スリッカーブラシ

被毛をほぐすために使用するのがスリッカーブラシです。

「く」の字に曲がった細いピンが密集していて、抜け毛を取り除いたり毛玉を少しずつほぐすことができます。

うっき
うっき
被毛が生え変わる換毛期に使用すると便利です

ピンの先端が丸くないので、強くブラッシングすると犬の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

軽く撫でるように注意して使用しましょう。

ふく
ふく
ペットショップのスタッフさんが、強く押し当てると出血するって言ってたよ! 

初めて使用する方はや不安な方は、先端が丸くなっているスリッカーブラシを使用することをおススメします。

ぺこ
ぺこ
初めて買ったのは先端が丸いスリッカーブラシだったよね♪ 

 

ピンブラシ

こちらも被毛をほぐすために使用します。

ピンの先端が丸くなっているので、犬の皮膚を傷つけにくいというのとマッサージ効果もあります。

皮膚を傷つけにくいといっても、強くブラッシングをすると傷つけてしまうので、優しく撫でるようにブラッシングしましょう。

ふく
ふく
ブラッシングを痛がって嫌がるワンちゃんにおススメです。 

 

コーム

created by Rinker
ONS
¥1,197
(2020/01/29 00:28:35時点 Amazon調べ-詳細)

クシ形で、毛並みを整えるために使用したり、全体が上手にとかせているかの確認にも使用できます。

長毛犬に効果が出やすいですね。

目の粗い方と細かい方が半分ずつになっているものが多く、毛の滑りが悪い場合は目の粗い方から使用して、細かい方に切り替えていきます。

毛が引っ掛かることもあるので、スリッカーブラシで被毛をほぐしてからブラッシングすると効果的です。

ぺこ
ぺこ
軽い毛玉も取れるよ♪
うっき
うっき
他のブラシを掃除をするのにも使用できる優れものです。

 

獣毛ブラシ

牛・豚・馬・猪などの被毛で作られたブラシで、犬の毛に付着したフケ・ホコリ・ゴミを取ってくれるだけでなく、犬の被毛に艶(ツヤ)を与える効果があります。

短毛種向けですが、静電気が起きないので長毛種にも使用できます。

獣毛が皮膚をほどよく刺激してくれるので、心地良くブラッシングできます。

ふく
ふく
このブラシで撫でられるとウトウトしてくるよ♪ 

 

ラバーブラシ

短毛種向けのゴム製ブラシで、マッサージ効果が高いです。

マッサージと同時に抜け毛やホコリなど除去してくれるので、被毛のケアもできます。

うっき
うっき
ゴム製なのでシャンプー中も使用できますね。 

深く押し付けて使用すると、滑りが悪く毛が絡んでしまうので、抜け毛やホコリを取る際は軽く当てて使用しましょう。

マッサージをする時は深めに当てて、軽く抑えるように使用します。

 

被毛の除去におススメ『ファーミネーター』

被毛をほぐすのにおススメしたいのが『ファーミネーター』というブラシです。

値段は他のブラシに比べて高めですが、その分抜け毛をたくさん取ってくれます。

換毛期にやると、やめ時がわからなくなってしまうほど抜け毛が取れるので注意が必要です。

詳しくはコチラの記事に書いてあるので、気になる方は是非読んでみて下さい。

犬用のブラシはファーミネーターがオススメ!口コミ&レビュー!抜け毛がいっぱい取れると話題の【ファーミネーター(FURminator)】 以前からペットショップで見るたびに『なんでペット用ブラ...

 

犬の被毛タイプとお手入れ

街を歩く犬を見ていると、毛が短かったり長かったりカールしていたり、様々な被毛をもった犬がいるのがわかりますよね。

犬の被毛は犬種によって異なり、被毛のタイプによって少しずつブラッシングの方法が変わってきます。

犬の主な被毛のタイプとブラッシング方法を紹介します。

犬の毛は2重構造になっていて、上毛をオーバーコート・下毛をアンダーコートと呼びます。

上毛と下毛の2重構造になっているダブルコートの犬種は抜け毛が多く、上毛しか生えていないシングルコートという犬種もいます。

  • オーバーコート=太くて剛毛、皮膚を保護する役割がある
  • アンダーコート=柔らかい毛で保湿・保温の役割がある

 

ロングコート(長毛)

  • ポメラニアン
  • マルチーズ
  • パピヨン
  • ゴールデン・レトリーバー   etc.

被毛が長い犬種をロングコートとよびます。

毛質は柔らかい・堅い・ストレート・カールなど様々です。

ロングコートの犬は、お手入れを怠ると毛が絡まりやすくすぐに毛玉になってしまうので、ブラッシングは出来れば毎日行ってあげたいですね。

ふく
ふく
ぼくたちがロングコートだね♪ 
ぺこ
ぺこ
お手入れしてても抜け毛が凄いよ! 

 

ショートコート(短毛)

  • 日本犬(柴犬など)
  • コーギー
  • ハスキー     etc.

被毛が短く堅めで、スムースコートよりはボリュームがあります。

被毛が密に生えていて抜け毛の量が多いので、換毛期はかなりの量の抜け毛がでます。

ショートコートの中でもダブルコートの犬種は、下毛が絶えず生え変わるので、抜け毛のお手入れが大切になってきます。

うっき
うっき
換毛期になると毛並みがまだらになっている日本犬を見かけるのは、 こういう理由があったんですね。

 

スムースコート(極短毛)

  • フレンチ・ブルドッグ
  • ミニチュア・ピンシャー
  • ドーベルマン
  • ラブラドール・レトリーバー   etc.

ツルツルした毛質から、少し毛足の長い犬種までがスムースコートになります。

被毛が短く光沢があり、とても滑らかな毛質でお手入れが楽です。

ラバーブラシや獣毛ブラシで身体のゴミやヨゴレを取り除き、時々念入りにブラッシングをして抜け毛のお手入れを行いましょう。

ふく
ふく
意外と抜け毛も多いので、家の中では洋服を着せて抜け毛対策もできます。 

 

ワイヤーコート(剛毛)

  • ミニチュア・シュナウザー
  • ワイアーフォックステリア等のテリア種

バリバリとした針金のような独特な毛質をワイヤーコートと言います。

ワイヤーコートの堅い毛質を維持するには、柔らかい毛を引き抜くプラッキングという作業が必要になってきます。

トリマーに依頼するのが一般的ですが、この作業を行わなくても何も問題はありません。

ぺこ
ぺこ
お手入れにはスリッカーブラシやピンブラシなど、しっかりしたブラシが必要です。 

 

カーリーコート

  • トイ・プードル
  • カーリーコーテッドレトリーバー  etc.

くるくるとした巻き毛状で抜け毛の量はあまり多くありませんが、手入れを怠るともつれや毛玉になってしまいます。

ブラシに毛が絡みやすいので、丁寧なブラッシングが必要です。

うっき
うっき
ピンブラシやコームを使用して少しずつ整えましょう。 

 

犬にブラッシングが必要なのはなぜ?

毛並みを整えたり毛玉をほぐす以外にも、犬のブラッシングを行う目的はたくさんあります。

週に2~3回ブラッシングを行い、愛犬との絆を深めていきましょう。

散歩の後の機嫌がいい時や、おやつを利用しながらブラッシングすることで、ブラッシングを習慣化していくことができます。

 

ノミ・ダニ・ヨゴレを除去できる

ドッグランに行ったり散歩中に草むらに入ったりすると、病原菌を持ったノミやダニが皮膚にくっつくことがあります。

ふく
ふく
草が生い茂った近くを通るだけでもくっつくこともあるよ!
ぺこ
ぺこ
ノミとかダニはジャンプするからね!

他にも足の裏を切ってしまったり、身体がヨゴレてしまったりします。

散歩した後にブラッシングを習慣化しておけば、身体についたノミ・ダニ・ヨゴレ・キズなどをいち早く発見できますよね。

うっき
うっき
ノミやダニではないけど、ブラッシングで変な虫を毛の中から見つけたことが何回もあります。

地面と接する前脚や後脚、お腹周りの被毛は汚れやすくゴミなどもたくさん付着します。

放置しておくと悪臭や皮膚病などの原因にもなるので、丁寧にブラッシングしてノミ・ダニ・ヨゴレを除去してあげましょう。

 

皮膚の病気を予防・早期発見できる

  • フケが出ている
  • 脱毛や薄毛がある
  • 被毛が変色している
  • 皮膚にコブがある
  • 皮膚に発疹がでてる

日常的にブラッシングを行うことで、こういった病気の兆候をいち早く発見することができるはずです。

うっき
うっき
ブラッシング中に発疹を発見したこともあるので、ブラッシングが大事だということがわかりました。

特に毛の長い犬は皮膚の病気を見つけにくいです。

いつも通りにブラッシングしているのに、嫌がったり痛がったりするような素振りがあったら注意して観察してみまししょう。

 

愛犬とのコミュニケーション

大好きな飼い主がブラッシングをすることで、愛犬はリラックスできるし幸せを感じてくれることでしょう。

身体を触られたりほどよく被毛を引っ張られることで血行が促進され、マッサージ効果もあります。

うっき
うっき
高齢犬になると、血行が悪くなることで発症する病気もあるそうです。

また、犬にとってのブラッシングは仲間同士で行うグルーミングと同じです。

なので、ブラッシングすることでコミュニケーションがとれ愛犬との絆がさらに深まっていくことでしょう。

 

使いやすいもの嫌がらないものを使おう

犬のブラシの種類や用途を紹介してきましたが、ブラシは飼い主が使いやすいもの・愛犬が嫌がらないものを使用することをお勧めします。

ブラシが使いづらければ愛犬もブラッシングを嫌がるだろうし、愛犬が嫌がればうまくブラッシングすることもできませんよね。

病気の兆候を発見することも、愛犬とのコミュニケーションをとることとできなくなってしまいます。

今回紹介した中から、あなたと愛犬にあったブラシを探してみて下さい。

まとめ
  • ブラシは使いやすいもの嫌がらないものを!
  • ブラッシングで病気を予防・早期発見しよう!
  • ブラッシングで愛犬との絆を深めよう!
ABOUT ME
うっき
犬のパパとして一緒に暮らしてきた経験を元に、犬を初めて迎え入れる方へ向けて、犬に関する様々な情報を発信・共有するブログです。幸せなドッグライフをナビゲーションできるようなサイトにしたいと思い、『わんパパぐらし』を立ち上げました。 我が家の愛犬は2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのミックス犬)です。よろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。