犬とボディケア

犬の病気を予防するためにできること!健康管理は飼い主の責任です

犬が毎日健康でいるためには、飼い主のケアが欠かせません。

毎日の健康チェックやワクチン接種、動物病院での健診などで早期発見や予防していくことが大切です。

犬の病気を予防するためには、犬の健康管理を飼い主が責任を持って行うことが重要なのです。

犬が病気になってから治療をはじめても手遅れになる場合もあるし、飼い主にも精神的・経済的負担も大きくなってしまいます。

安心して愛犬と生活していけるように、予防対策を紹介します。

 

犬の病気を予防するためのポイント

犬と一緒に暮らしていくうえでの心配事の一つに〝病気〟があります。

我が家もいろんな病気を経験してきました。

病気を悪化させないためには早期発見が大切になってきます。

愛犬の病気を予防するために、対策を理解して健康を守っていきましょう。

 

狂犬病の予防接種をしよう

狂犬病とは、狂犬病にかかった犬に咬まれるとウイルスによって麻痺や幻覚などの神経症状が出て、やがて死に至るという恐ろしい病気です。

人にも感染し、感染するとほぼ100%死亡してしまいます。

生後3カ月が過ぎてから『犬を飼いました』と自治体に届けを出すと、狂犬病予防注射の案内が来ます。

自治体への犬の登録と狂犬病の予防接種は法律で義務付けられているため、1年に1度必ず受けなければいけません。

ふく
ふく
自治体で行う集団接種か動物病院で接種できるよ! 
ぺこ
ぺこ
料金は各自治体によって違うよ! 

『日本では発症してないからいいや!』と軽く受け止めず、毎年予防接種を行い、愛犬と人間の命を守りましょう。

 

混合ワクチン接種をしよう

死亡率や感染率が高い伝染病を予防するために、複数の伝染病に対応した混合ワクチンを数回受けましょう。

混合ワクチンは地域や病院によって勧められるワクチンの種類が違ったりします。

うっき
うっき
ふくとぺこは、1年に1回〝10種混合ワクチン〟を受けています。 

犬は生まれた時に母犬の母乳を介して移行抗体を身に付けていますが、生後2か月頃から移行抗体が切れて、免疫力のない無防備な状態になってしまいます。

そのため、生後4~5か月頃までに2~3回予防接種を受けて抗体を作っていかなくてはいけません。

その後は、年に1回の追加接種を行っていきます。

うっき
うっき
動物病院によってワクチンの種類・回数・料金が異なります。 

死亡率が高い感染症を1度に予防できるのが混合ワクチンです。

高い場合1万円を超えてしまうこともありますが、愛犬の命を守るためにも、面倒臭がらずに1年に1度ワクチン接種を行いましょう。

 

寄生虫予防と駆除を行おう

寄生虫の予防は、ノミ・ダニとフィラリアの2種類です。

ノミ・ダニ 犬に寄生して血液を吸って栄養分とする外部寄生虫で、皮膚病や寄生虫病を引き起こします。投薬していれば咬まれても感染しません。
フィラリア 蚊から感染して心臓に寄生する内部寄生虫です。蚊が飛び始める春~初冬まで、毎月一回予防薬を投与することで感染を防げます。

予防薬は《飲み薬・注射・皮ふに滴下するスポットタイプ》があり、犬の性格に合わせて選ぶことができます。

うっき
うっき
我が家ではネクスガードスペクトラという薬を処方してもらっています。 
ふく
ふく
1粒でノミ・ダニ・フィラリア・お腹の虫を予防できるんだよ!しかも美味しい♪ 
ぺこ
ぺこ
美味しく食べれるオールインワンのお薬です♪ 

ネクスガードスペクトラは、1月に1粒与えるだけでノミ・ダニ・フィラリアを予防できます。

犬の食い付きも良いので、薬が嫌いな犬におススメです。

薬は市販のお店や通販サイトでは購入できないので、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

 

避妊・去勢手術をしよう

望まない妊娠や感染症、生殖器の病気を予防することができます。

メス犬の場合は、最初の発情が来る前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の予防にもつながります。

病気を予防するという観点以外にも、多頭飼育崩壊を防止することができるので、子犬を望んでいないのであれば避妊・去勢手術を受けることをおススメします。

手術のデメリットとしては、性的なストレスから解放されるので《肥満になりやすい》ということがあります。

ダイエットフードに切り替えたり、日々の散歩を怠らないことで肥満も予防しましょう。

ぺこ
ぺこ
あたちも避妊してから太ったから、食事には気を付けないといけないの… 

【⇓健康的な身体を作りながら体重管理ができます⇓】

created by Rinker
ACANA(アカナ)
¥3,511
(2020/09/25 14:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

日々のお手入れを大切にしよう

歯磨きやブラッシングなど、愛犬の身体を毎日触って、お手入れしながら健康状態をチェックしていきましょう。

  • 食事はちゃんと食べているか
  • 水を飲む量は変わらないか
  • ウンチの量や硬さは適切か
  • 歩行状態に異常はないか
  • 口や鼻などのニオイは異常ないか
  • 目ヤニは出ていないか
  • 皮膚に発疹はないか   …etc.

このような異常がないか毎日観察することによって、愛犬のちょっとした変化に気付くようになります。

愛犬の健康を守れるのは飼い主であるあなたしかいないのです。

日々のお手入れも大事にして、コミュニケーションを取りながら病気を予防していきましょう。

ぺこ
ぺこ
外耳炎とか皮膚の病気とか、ひどくなる前に見つけてもらったよ! 

【⇓日々のお手入れを大切にして、病気を早期発見しましょう⇓】

https://hibi-papagurasi.com/mimi-kayugaru

 

季節ごとに注意するポイント

犬の健康管理は季節ごとにも気を付けるポイントがあります。

快適で健康的な生活を送れるように、1年を通して病気を予防していきましょう。

 

【春】ノミ・ダニ・フィラリア対策をはじめよう

温かい日差しを浴びて健康な身体を維持しましょう。

ノミ・ダニ・フィラリア対策

気温が上がると共にノミ・ダニ・蚊が増加してくるので、投薬を開始しましょう。

うっき
うっき
  草むらなどに入った場合、散歩後はブラッシングをしてあげると安心ですね。

予防注射

4月には狂犬病の予防接種を受けなくてはなりません。

抜け毛対策

また、換毛期がきて被毛が生え変わる時期なので、飼い主がブラッシングをしてあげて生え変わりをサポートしてあげましょう。

【⇓夏に向けてサマーカットしたい人は、自分で試してみましょう⇓】

https://hibi-papagurasi.com/inu-cut-jibun

 

【夏】熱中症に注意!

熱中症に注意して、散歩の時間をずらすなど工夫しましょう。

熱中症・火傷

夏に注意したいのが、人間も犬も熱中症ですね。

散歩の時間を早朝や夜などにずらすことで、熱中症や肉球の火傷を予防できます。

ドライブの際は、犬を車内に留守番させないようにしましょう。

ふく
ふく
車内に置いて行って死亡してしまった例もあるので注意です! 

https://hibi-papagurasi.com/natu-inusanpo

食中毒

最近やカビが発生しやすい時期です。

フードの食べ残しはすぐに片付けるようにしたり、おやつの保存状態に気を付けて食中毒などを予防しましょう。

飲み水やハウスの中もこまめに掃除して清潔にしておきましょう。

うっき
うっき
最近だとサルモネラ菌による食中毒のニュースがありましたね。 
犬用のおやつからサルモネラ菌が検出!症状・注意点・対処方法は?犬用のおやつからサルモネラ菌が検出されたニュースはご存知ですか?本記事では、食中毒から愛犬の命を守る術を紹介しています。対処方法を知りたい飼い主さんは是非ご覧ください。...

暑さ対策

犬は人よりも低い位置にいるので、下に溜まるエアコンの冷気で冷えすぎてしまうこともあります。

エアコンの温度に気を付けたり、タイマー機能を利用したり工夫しましょう。

 

【秋】運動やお手入れを継続しよう

運動やお手入れ、薬の投薬などを継続して健康を維持しましょう。

ノミ・ダニ・フィラリア対策

秋になってもノミ・ダニ・フィラリア対策は継続しましょう。

暑い地域ではフィラリアの投薬は1年中行った方がいいです。

うっき
うっき
関東でも12月くらいまで投薬を行うと安心です。 

抜け毛対策

2度目の換毛期で、被毛が冬毛に生え変わります。

ブラッシングついでに、愛犬の皮膚の状態もチェックするといいですね。

【⇓換毛期のブラッシングには《ファーミネーター》というブラシがおススメです。⇓】

https://hibi-papagurasi.com/fur%ef%bd%8dinator-review

寒暖差に注意

秋が深まると寒暖の差が激しくなります。

残暑で熱中症になることもありますが、夜になるとヒンヤリ寒い日もあります。

エアコンをこまめに調整したり、夜は毛布を出してあげたり、体調を崩さないように工夫しましょう。

 

【冬】寒さ・乾燥対策をしよう

運動不足に注意したり、寒さ・乾燥対策を行いましょう。

運動不足

寒さで外に出づらくなる季節ですよね。

散歩の時間が短くなりがちですが、日中の温かい時間に散歩に行くようにしたり、室内でボール遊びをしたり、運動不足で肥満にならないように気を付けましょう。

寒さ対策

寒さに弱い犬種は、洋服を着せて調整しましょう。

ホットカーペットやコタツを使用している家は、低温火傷に注意しましょう。

うっき
うっき
怪我防止のため、暖房器具の電源を落としてから出掛けるようにしましょう。 

乾燥対策

人と同じで、室内が乾燥すると気管支のトラブルも発症する可能性があります。

また、皮膚も乾燥しやすくなるので、加湿器を使用したり肉球クリームを使用することで、乾燥による病気や怪我を防止できます。

 

まとめ

愛犬の病気を予防しよう
  • ワクチン接種は必須です
  • 毎月ノミ・ダニ・フィラリアの投薬を
  • 避妊・去勢手術で病気のリスク軽減
  • 毎日のヘルスチェックが大切
  • 季節によって健康を管理しよう

犬は飼い主のサポートがないと健康を維持することはできません。

ワクチン接種や投薬だけでなく、日々のコミュニケーションが大切になってきます。

毎日愛犬の身体に触ったり遊んだりしてあげて、健康状態に異常がないかチェックしてあげましょう。

愛犬の身体が元気で健康だからこそ、トレーニングや散歩や遊びを一緒に楽しむことができるのです。

いつまでも元気に遊べるように、病気の早期発見・予防に努めていきましょう。

【⇓トリミングを嫌がらずにできれば、簡単に健康状態をチェックできますね。⇓】

https://hibi-papagurasi.com/koinu-naresasetaikoto

ABOUT ME
うっき
『わんぱぱぐらし』の管理人「うっき」です。 犬を家族に迎え入れて約4年の経験を元に、初めて犬を飼う人に向けて犬用グッズ・ケア方法・注意点・保護犬の魅力などの犬情報をお届けします。愛犬はパピヨン×チワワのミックス犬《パピチワ》です。
テキストのコピーはできません。