おすすめお出掛けグッズ

犬のロングリードのおすすめポイント!丸ロープのリードを使用してみた

良く行っていたドッグランが無くなってしまって『公園ではノーリードは禁止だし、庭じゃ狭いしな…もっと思いきり走らせてあげたいな…』と考えていた時に見つけたのが【ロングリード】です。

『これなら公園でも犬を思いきり走らせてあげることができる!』と思い、10Mと20Mのロングリードを購入しました。

※公園で使用する時は周囲の迷惑にならないようにしましょう。

おすすめしたい飼い主さん
  • 近所にドッグランがない飼い主さん
  • 近所に大きな公園や河川敷などがある飼い主さん
  • 愛犬を思いきり走らせたい飼い主さん
  • 愛犬とフリスビーやボール遊びをしたい飼い主さん
  • 愛犬のトレーニングをしたい飼い主さん

ここでは、このように考えている飼い主さんに向けてロングリードを使用した感想やおすすめポイントを紹介していきます。

【⇓伸縮リードを使用する時は飼い主としてのマナーやモラルを守りましょう!⇓】

伸縮リードでの犬の散歩は危ない?マナーを守って散歩しよう!伸縮リード(フレキシリード)を使用して犬の散歩をしている飼い主さんも多いのではないでしょうか? 何かと行動が制限されてしまう都会や...

 

犬のロングリードは丸ロープがおすすめ

今回僕が購入したロングリードがコチラです。⇓

  1. 絡まりにくい・まとめやすい
  2. 伸縮性があって安心・安全
  3. 様々な用途で使用できる
  4. 登山用のカラビナ使用で耐久性がある

以上の特徴を紹介します。

 

絡まりにくい・まとめやすい

ロングリードは帯状タイプのものが多いですが、こちらの商品は丸ロープなので、絡みにくくてまとめやすいという特徴があります。

リードがたるんだ状態で犬が右に行ったり左に行ったりしても、リードがピンと張った状態から犬を呼び戻しても絡むことはありませんでした。

遊び終わった後の巻き取りも簡単で、帯状のロープのようにグチャグチャになることはありません。

リードのまとめ方を覚えてしまえば、長いロープもキレイにまとまるので、持ち運びも楽になります。

うっき
うっき
キレイにまとめられれば、次に使用する時も絡まることが少なくなりますね。

 

伸縮性があって安心・安全

丸ロープには適度に伸縮性があるので、犬も飼い主も安心・安全に使用することができます。

よく走り回る犬はロープがピンと張った時に首へ負担がかかるし、飼い主は不意に引っ張られてバランスを崩してしまうこともあるはずです。

しかし、このロングリードをしようすれば、ピンとロープが張った時にも適度にクッションになるので、犬や飼い主へのダメージが格段に減ることになりますね。

怪我することなく思い切り遊ぶことができるロングリードです。

 

様々な用途で使用できる

犬が思いきり走り回って遊ぶだけではなく、フリスビー遊びやボール遊びにも最適です。

水に浮く素材を使用しているので、川遊びや海遊びにもおススメです。

また、遊びだけではなくて呼び戻しなどのトレーニングにも使用できるので、飼い主や犬の用途に合わせて使用することができます。

 

登山用のカラビナを採用

登山用のカラビナを使用していて、耐荷重が120kgと頑丈なので、ロープがピンッと張った時の衝撃で破損することはありません。

ロックナットを締めれば、ナスカン外れを完全に防ぐことができます。

うっき
うっき
錆に強いステンレス製というのも心強いです。 

犬用リードなどによく使用されている鉄砲型ナスカンは、犬が激しく動いた時などに外れてしまう可能性があります。

ロングリードだとどうしても飼い主と犬との距離が遠くなるので、外れにくいカラビナは安心できますよね。

 

ロングリード(丸ロープ)のメリット・デメリット

実際に使用してみた感想を、メリット・デメリットというかたちでまとめていきます。

 

ロングリード(丸ロープ)のメリット

  • 長い距離を走り回れる
  • 伸縮性・クッション性があって犬も飼い主も安全
  • 呼び戻しなどのトレーニングに使える
  • 絡まらないでまとめられる
  • 太さの割に軽くて丈夫
  • まとめたものをほぐすのも楽

ロングリードなので、長い距離を動き回れるのが一番のメリットですよね。

ただ自由に走らせるだけでなく、ボール遊びや呼び戻しのトレーニングなどにも活用できます。

ロープに伸縮性があるので、ロープがピンッと張った時の犬への負担が軽減できるのは安心できます。

ロープも軽くて飼い主も引っ張られることなく、ストレスを感じることはありませんでした。

ふく
ふく
ロープがピンッと張るとビックリしちゃって動けなくなる… 

遊び終わってリードをまとめようとした時に、『少しよじれるかな?』と感じましたが、絡まらないで簡単にまとめることができました。

まとめたものをほぐす時も、特に苦になることはありませんでした。

 

ロングリード(丸ロープ)のデメリット

  • 伸ばした時になぜか不安になる
  • 雨上がりや朝露で水を吸って重たい
  • 芝生でしようすると芝がくっつく
  • 持ち運びは不便
  • 長すぎるとコントロールしにくい

最初に20Mのリードを購入したのですが、カラビナが外れることはないとわかっていても、リードを伸ばしていくと徐々に不安にかられました…。(笑)

20Mのリードだと片方の手で余ったロープを持っていないといけなかったので、僕には上手くコントロールすることができませんでした。

20Mのリードでも簡単にまとめることができますが、お散歩バッグに入らないのが難点です。

うっき
うっき
僕には20Mのリードだと長すぎだと感じたので、すぐに10Mのリードを買いなおしました。20Mのリードを使用するなら、車で人が少ない公園や河川敷などに行くのがいいかなと感じました。 

朝露や雨上がりで芝生が濡れていると、ロープが水分を吸って重たくなるし汚れも付きます。

また、芝生で使用すると乾いた芝がくっついてくるので、ビニールなどに入れて持ち運びした方がいいです。

うっき
うっき
濡れてもすぐに乾くし、洗えば汚れもすぐに落ちます。くっついた芝を落とすのは面倒なので、ビニールなどに入れて持ち運びするのをおススメします。 

 

ロングリード(丸ロープ)の口コミ

ロングリード(丸ロープ)を購入した人の口コミを見てみましょう。

基本的には良い口コミが多かったです。

 

ロングリード(丸ロープ)の良い口コミ

とても丈夫で軽くて伸縮もしてくれて、愛犬につけてあげると楽しそうに走り回っています。
また、ナスカンも外れないような造りになっているので、激しく動き回っても安心です。

伸縮性があって、たしかに犬の負担が少ないように感じた!しっかりしてる。

太さがあるのに軽くて満足です。
シェパードの運動時に使っています。
劣化したらまたリピしたいと思います。

やはり、愛犬が元気に走り回る姿を見られることが嬉しいようですね。

軽くて丈夫で伸縮性があるし、カラビナも外れにくい構造になっているので安心・安全という口コミが多かったです。

うっき
うっき
大型犬が思いきり走り回っても大丈夫なようです。

良い口コミの中にも、僕のように『20Mは結構長いですよ』とか『芝生がくっつくので気になる人は気になるかも…』という口コミもありましたが、『買ってよかった!』という口コミが多い印象でした。

 

ロングリード(丸ロープ)の悪い口コミ

絡まないけど、曲がるというかねじれるというか表現が難しいですが、使用した後に、まっすぐになりません。
使用する時、まとめる時に、ねじれる癖がつかないようにしないと、使いづらいです。

思っていたよりロープが太いです。
ロープがかなり場所も取りますので、お散歩のときついでに走らせるのには不向きです。持ち運びは向かないです。車等で移動した折とか。外に飛び出す心配がある自宅庭とかでの使用向きです。うちの子の場合は、太くて邪魔になりそうです。
大型犬の子向きとおもいました。

ナスカンに直接リードがついてる状態なので絡まらないけどリード自体が捻れてよれてきますね。
ウチではスイベルを(クルクル回るやつ)使って捻れないようにしています。
あと雨上がりなど水を吸うから重たい…
値段相応かな?

僕が使用した時は〝よじれ〟は感じませんでしたが、悪い口コミの中には『よじれる』という人もいました。

よじれるので、カラビナをスイベル式(クルクル回るもの)に交換して使用している人も…

うっき
うっき
縦横無尽に走り回る犬だと、よじれてしまうのかもしれません。 

他には『小型犬だと重たそう』とか『収納袋があるといいかも』という口コミもありました。

うっき
うっき
やはり、汚れが気になる人もいるようですね。

 

まとめ:ロングリードは丸ロープがおすすめ

まとめ
  • 伸縮性があって犬も飼い主も安心・安全
  • 絡まりにくい・ほぐしやすい
  • 簡単にまとめて持ち運べる
  • 遊ばせたりトレーニングにも使用できる

いくらリードを付けているといっても、犬をコントロールできなければ周囲の人や犬に迷惑をかけることとなってしまいます。

なので、ロングリードが伸び切っても周りに影響のない場所を選んで使用して下さい。

使う場所によって10Mや20Mのリードを使い分けてみてはいかがでしょうか?

ロングリードは自由に走り回れておススメな商品ですが、あくまでもルールやマナーを守って使用するようにしましょう。

【⇓ノーリードの犬の散歩は条例で違法となっている地域もあります⇓】

犬のノーリードの散歩は危険!飼い主のマナーや条例について考えようノーリードの犬の散歩は、しつけができていればやってもいいのでしょうか?飼い主は大丈夫と思っていても、周囲の人は迷惑と感じているかもしれませんよ?飼い主のマナーを考えていきましょう。...
ABOUT ME
うっき
『わんぱぱぐらし』の管理人「うっき」です。犬情報をメインに家のことや初心者DIYなど、自らの経験を元に暮らしの情報を配信していく雑記ブログです。このブログのアシスタント「ふく&ぺこ」もよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。