犬の散歩を楽しもう

犬の散歩中にイヤホン・散歩スマホは危険!犬の気持ちを理解しよう!

犬の散歩中に、飼い主がイヤホンをつけていたり、散歩しながらスマホをいじっている光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

実際に僕もそのような光景を何度か見かけたことがあります。

  • 犬が飼い主を見ているのに、飼い主はスマホを見ている。
  • 後ろから車が来ているのにイヤホンをしているから気付いていない。
  • 飼い主はスマホいじって、犬は道路を右往左往している。

このような散歩の光景を見ていると、『危険だなぁ〜。犬が可哀想だなぁ。』と感じませんか?

犬は散歩中でもチラチラと飼い主のことをよく見ています。

それなのに、イヤホンをつけて愛犬に無関心だったり、スマホをいじってばかりでは無視しているのと一緒だと思うのです。

ここでは、犬の散歩中のイヤホンや散歩スマホについてまとめています。

犬の散歩中に子供が『わんわん♪』と近付いてきたらどうしてますか?公園などで犬の散歩をしていると、小さい子供が『わんわん♪』と言って近付いてくるときありませんか? お母さんも一緒に『わんわんだね♪...

 

犬の散歩中にイヤホン・散歩スマホは危険

犬の散歩中にイヤホンをつけたり、スマホをいじりながら歩く行為は、結果から言うととても危険です。

進む先の道路状況や後方からの自動車や自転車に気付くのが遅れて事故につながる可能性があるからです。

飼い主であるあなたも愛犬も怪我だけでなく、命を落としてしまう危険もありますよ!?

 

散歩中のイヤホン・散歩スマホは危険

散歩中のイヤホン、散歩スマホは危険です。

イヤホンをつけて音楽を聴いたり、スマホをいじるのに集中していたら、注意力が散漫になって危険を察知するのが遅くれてしまいます。

  • 自動車が近づいてきてもエンジン音やタイヤの音に気が付かない
  • 自転車にベルを鳴らされても気が付かない
  • 犬が吠えたり怯えたりしても気付かない
  • 通行人や他の犬に近寄っていくのに気付かない

このように様々な危険に気付くのが遅くなってしまいます。

普段なら簡単に対処できる、道路の端に寄ったり愛犬を制御することでも、対処が遅くなれば事故が起こるリスクは増えてしまいます。

犬の散歩時間は30分〜60分程度ではないでしょうか?

その少しの時間でもイヤホンやスマホをいじらなければいけませんか?

うっき
うっき
周囲の音というのは、危険を察知するうえでとても重要ですよね。
ふく
ふく
 ぼくたち怪我なんてしたくないよー。 
ぺこ
ぺこ
パパさん車とか自転車から守ってね。 

 

散歩中のイヤホン・散歩スマホは犬が可哀そう

犬にとって散歩はただの運動ではなく、飼い主とコミュニケーションをとる場でもあります。

一生懸命アイコンタクトを取ろうとしてくる犬に対して、イヤホンをつけたりスマホをいじっていたら、犬の愛情表現を無視することとなってしまいます。

それでは犬が可哀想ですよね。

うっき
うっき
気持ちを伝えようとしている愛犬を無視していると考えたら、愛犬の様子を見ながら散歩した方がいいですよね。
ふく
ふく
パパさんをみても反応がなかったら寂しいなぁ。
ぺこ
ぺこ
パパさんが反応してくれない散歩なんてつまらないよ!

また、先ほども言いましたが、イヤホンをつけたりスマホをいじっていたら様々な対処に遅れて、事故を起こす可能性もあります。

イコール、自ら愛犬を危険な目に合わせる行為だということになりますよね。

危険な目にさらされている愛犬を想像したら、イヤホンをつけたりスマホをいじりながらの散歩はできないのではないでしょうか?

ふく
ふく
道路は車や自転車が行き交うから危険がいっぱいだよね! 
ぺこ
ぺこ
散歩は危険なんだよ!?スマホじゃなくて、あたちたちを見て! 

 

犬が散歩中に飼い主をの顔を見るのはなぜ?

犬が散歩中に何度も飼い主であるあなたの顔を見上げるのは

  • 『散歩って楽しいね♪パパさん(ママさん)も楽しい?』と確認している
  • 『いつもと違う散歩コースだけど合ってる?』と不安になっている
  • 『まだ歩くの?疲れたよ~。』とアピールしている

などというメッセージが込められているようです。

犬は話すことができないので、アイコンタクトや吠えたり鳴いたり尻尾を振ったりして飼い主に感情を伝えるしかありません。

うっき
うっき
ニコッと笑顔を返すだけでも犬は安心するそうですよ。
ふく
ふく
僕がパパさんを見る時は疲れた時が多いかな!?喉乾いたぁ~ってアピールしてるの♪ 
ぺこ
ぺこ
あたちはね、たまにパパさんより先を歩いちゃうから、先歩いちゃダメ?って聞いてるの! 

犬は飼い主に何かしらのメッセージを伝えようとしているわけなので、イヤホンをつけたり散歩しながらスマホをいじるのはやめるべきですよね!?

愛犬が飼い主のあなたの方をみて、もしスマホばかり見ていたら『ご主人…無視なの・・・!?( ノД`)シクシク』ってなるはずです。

 

まとめ

犬の散歩中のイヤホン・歩きスマホはやめよう!
  • 周囲の音が聞こえなくなって注意力が散漫になる!
  • 簡単に対処できることも、対応が遅くなって危険!
  • 愛犬のメッセージを受け取れなくなる!
  • 散歩で愛犬とコミュニケーションを取ろう!

あなたがイヤホンをつけて音楽を聴いていたりスマホをいじっている時に、愛犬は『パパさん散歩楽しいよねぇ♪』と、キラキラした眼差しであなたのことを見上げているかもしれません。

それなのに散歩イヤホン・散歩スマホをしていたら、そんな純粋な愛犬の気持ちを踏みにじってしまうことになるのです。

そう考えると愛犬がとても可愛そうですよね?

そして、散歩イヤホン・散歩スマホで何かあれば自己責任です。

愛犬の大事な命、飼い主であるあなたの手で守ってあげましょう!

犬のノーリードでの散歩はしつけができてればOK?飼い主のマナーとは?ノーリードの犬の散歩は、しつけができていればやってもいいのでしょうか?飼い主は大丈夫と思っていても、周囲の人は迷惑と感じているかもしれませんよ?飼い主のマナーを考えていきましょう。...
ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。