ワンコの豆知識

愛犬のカットは自分でできる!自宅でトリミングするときの注意点

換毛期や夏の暑い時期になると、長毛犬のワンちゃんも《サマーカット》といって毛を短く刈り込む飼い主さんが多くなってきました。

うっき
うっき
我が家の〝ふく&ぺこ〟もバリカンで短くサマーカットにしています。 

プードルやチワワなどトリミングが必要な犬種を飼っている家庭は、定期的にペットサロンを利用しなければいけないので、トリミング代の出費が結構多くかかってしまいますよね。

飼い主さんの美容院代よりワンちゃんの方が高くつく・・・なんてことも多いのではないでしょうか?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

もし『出費をもう少し減らしたいな』と考えているのなら、自力でのトリミングに挑戦してみてはいかがですか?

 

愛犬のトリミング、我が家では自宅で自分たちで行っています。

もちろん、プロのように完璧にトリミングは行うことはできませんが、自分たちで行うことによって節約にもなるし、何より愛犬とコミュニケーションをとることもできますよね。

  • バリカン担当⇒妻
  • ハサミで仕上げ⇒僕

というように担当を決めてトリミングしています。

うっき
うっき
肛門腺絞りや爪切りなどのグルーミングは全部僕が担当です(-“-;A …アセアセ 

はじめからおとなしくトリミングをさせてくれていたわけではありません。

嫌がるし攻撃的になるし、悪戦苦闘しながら妻がバリカンでカットするのに2時間ほどかかっていました。

でも、今ではバリカンを出しただけで尻尾を振って寄ってきて、床に敷いた新聞紙のうえにチョコンと座って待つくらいまでにトリミングが大好きになりました。(^^)v

バリカンでカットしている最中も新聞紙の上から動きません。

うっき
うっき
我が家ではこの新聞紙のことを【魔法陣】とよんでいます(笑) 

 

ここでは、愛犬がおとなしくトリミングをさせてくれるようになる方法と、素人が自宅でトリミングする際の注意点を紹介します。

 

おとなしくトリミングさせてくれるようになる方法

毎月のようにボディのカットはしないかもしれませんが、足裏カットや肛門周りの毛は定期的にカットしなければいけませんよね。

これだけのためにペットサロンに行くのも面倒だし、自宅でやりたいなと考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

ここでは、おとなしくトリミングさせてくれるようになる方法を紹介します。

 

おやつをあげてたくさん褒める

我が家の〝ふく〟は、《おやつをあげる&たくさん褒める》ことを繰り返しただけでカットが大好きになりました。

はじめのうちは、バリカンの音を怖がったりバリカンが身体に触れるのを嫌がったりしますが、少しカットしたら【いい子だねぇ♪かっこいいねぇ♪と褒めておやつをあげる】2~3分おきにこれを辛抱強く繰り返すだけです。

 

そうすると『バリカンでブーンってしてもらったらいいことあるじゃん♪』と学習し、バリカンを出してきただけで尻尾を振って喜ぶようになりました。

カット中も新聞紙の上でチョコンと座っておとなしくしています。

まるで魔法陣にかかって動けなくなったかのように・・・( ´∀` )

うっき
うっき
先住犬の〝ふく〟の様子を見ているからか、〝ぺこ〟も以前よりは大人しくカットさせてくれるようになりました。 
ふく
ふく
大好きなママがカットしておやつをくれるから、ぼく頑張っちゃうよね! 
ぺこ
ぺこ
あたちはうまうまの為ならなんでもするワン! 

 

口輪をつけてトリミングする

バリカン&仕上げは大人しくしてくれるようになったのですが、肛門絞りと足裏カットをする時はまだ嫌がって暴れる時があります。(´;ω;`)ウッ…

足裏カットなどは暴れると怪我をさせてしまうことがあるので注意しなければいけません。

 

そんな時は《口輪》を装着すると大人しくなります。

※個体差があるかもしれません

『口輪なんて可哀そう・・・(´・ω・`)』と思うかもしれませんが、怪我をさせるよりはマシだし、もしかしたら興奮して手を噛まれてしまうこともあるかもしれません。

これも『おやつ&褒める』を繰り返していけば口輪を外しても大丈夫なようになるので、根気よく続けていきましょう。

うっき
うっき
肛門腺絞りは口輪をしなくてもできるようになりました。 
犬の肛門線絞りの頻度はどのくらいがいい?素人でも大丈夫!『肛門線絞り(こうもんせんしぼり)』って聞いたことありますか? 僕は先住犬の〝ふく〟を迎え入れるまで聞いたことがありません...

 

高いところでトリミングする

犬は高いところや足元が安定しないところが苦手なので、その性質を利用して高いところでトリミングをしてみましょう。

椅子の上や小さなテーブルの上、洗面台の上などが結構効果的です。

※ワンちゃんが飛び降りないように注意して下さい。

我が家でも足裏カットや爪切りは、椅子や洗面台の上など高いところに乗せておこなっています。

少し高いほうが飼い主もトリミングしやすいと思います。

 

リードを繋げておけるトリミングテーブルも販売しているので、ちょっと興味があります・・・

うっき
うっき
これならトリミングしやすそうですよね。プロになった気分になれそう♪ 
【ファーミネーターの口コミ&レビュー】犬のブラッシングはコレ!抜け毛がいっぱい取れると話題の【ファーミネーター(FURminator)】 以前からペットショップで見るたびに『なんでペット用ブラ...

 

トリミングする際の注意点

自宅で簡単にトリミングをするには《バリカン》がとても便利です。

ずーっとハサミでカットしていくのは時間がかかって疲れるし、何より長さを揃えるのが難しいので技量がとても必要になってきます。

バリカンなら好みの長さに調節してスムーズにカットできるし、毛玉も簡単に処理できるので【安全・安心】です。

ここでは、主にバリカンを使用する際の注意点を紹介していきます。

 

顔や首回り

目や口元にはシワが多いので、皮膚を一緒に切ってしまわないように気を付けながらカットしましょう。

バリカンを持っていない方の手で皮膚のシワを伸ばすようにしてゆっくりカットしていきましょう。

※顔周りのカットが怖くてできない時は、顔周りだけトリミングにいくのもいいと思います。

うっき
うっき
我が家は顔周りはほとんどカットしていません。 

首回りは毛の流れが混じわるところがあったりするので、慎重にカットしないと《虎刈り》になってしまうの要注意です。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

身体

身体の毛を上から下まで一気にバリカンを入れようとすると、上手にカットすることができません。

※一気に行くとここでも《虎刈り》になってしまいます。

なので、バリカンを少しずつ動かしながら処理していくのがコツです。

背骨周りや皮膚のやわらかいお腹周りは注意してバリカンを入れていきましょう。

 

足裏カット

足の裏は肉球で凸凹しているし、犬も触られるのを嫌がる子が多いのでカットするのに気を遣います。

肉球の表面にバリカンやハサミを添わせてカットしたら、肉球の間の毛を処理していきます。

※怪我をさせてしまうと炎症を起こしたり膿んだりすることもあるので慎重に行いましょう。

足裏カットはワンちゃんがフローリングで滑らないようにすればいいわけなので、無理に肉球の間までカットすることはないです。

定期的に足裏をチェックして、滑って怪我をする前に表面だけでもカットしてあげましょう。

 

バリカンのお手入れ

ペット用バリカンは汚れやすいので、使うたびにキレイに洗って清潔に保ちましょう。

丸洗いできるものが面倒もなくお手入れしやすいので便利です。

 

ちゃんと手入れしないと毛詰まりや錆の原因となります。

毛をカットしにくくなり、皮膚を傷つけてしまったり怪我の元となってしまいます。

 

付属のブラシで入念に掃除したり、切れ味を保つために注油したり、ワンちゃんがトリミングを好きになるためにもバリカンのお手入れはしっかり行っていきましょう。

 

まとめ

自宅でトリミング
  • トリミングはコミュニケーションになる!
  • 『おやつ&褒める』を根気よく続ける!
  • 毛の流れをみながら少しずつカットしよう!
  • バリカンのお手入れは欠かさずに!

我が家のカットは❝自称カリスマ美容師❞が行っているので、虎刈りになってしまうことが多かったです・・・(゚Д゚;)

『散歩に行くのも恥ずかしい!(/ω\)』と思うくらいでしたが、回数を重ねるうちにだんだん上手くなるもので、妻は『バリカン楽しい♪』と言いながらトリミングしています。(*^^)v

うっき
うっき
失敗して虎刈りになったら洋服を着せて散歩に行きましょう!(笑) 

現代ではYouTubeという便利なものがあり、トリミングの方法もたくさん動画がUPされています。

動画をみながら見様見真似でトリミングのやり方を覚えていくのもいいのではないでしょうか?

 

プロとの差は歴然ですが、慣れてくれば毛を整えるくらいまでにはカットできるようになります。

サロン代の節約にもなるし、大好きな飼い主さんがカットすることで愛犬にストレスを与えなくても済みます。

カットをされているだけでも愛犬は疲れてしまうので、おやつをあげて休憩をとりながらゆっくりトリミングしていきましょう。

子犬の頃からボディケアトレーニングをしよう!慣れさせたいこと7選犬をはじめて飼う人は『何からどうやってトレーニングしていけばいいの?』と迷ってしまいますよね。トイレなどのしつけだけでなく、犬に大切なボディケアのトレーニングも子犬の頃からやっておきたいものです。ここでは、子犬の頃からやっておきたいボディケアを紹介します。...
ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。