ワンコと病気

犬が花を食べたけど大丈夫!?有害な花を食べた時の症状と対処方法!

 

ガーデニングが趣味で庭に色んな花を植えていたり、家の中に植物を置いている家庭も多いと思います。

 

うっき
うっき
  我が家は庭に花を植えています。

 

そのような家庭の方、愛犬を家の中で放し飼いにしたり庭で遊ばせているのであれば要注意です!

 

なぜなら、あなたが大事に育てている花は人間を癒してくれる存在ですが、実はあなたが育てている身近な花が犬にとっては有毒の場合があるのです。

 

我が家の〝ぺこ〟は、庭に植えていた《パンジー》を食べてしまい、下痢と嘔吐が止まらなくなりました。

 

ここでは、愛犬〝ぺこ〟がパンジーを食べてしまった時の体験談を元に、犬にとって有毒な花を食べた時の症状や対処方法を紹介します。

 

【症状】下痢と嘔吐が止まらなくなりました

 

我が家の食いしん坊〝ぺこ〟が庭に植えてある《パンジー》を食べて下痢と嘔吐が止まらなくなった話です。

 

飼い主である自分が注意していれば〝ぺこ〟が苦しまずに済んだ話なので『飼い主、失格だ!』とか『犬を飼う資格なんてない!』など非難されそうですが、他のワンちゃんが〝ぺこ〟のような経験をしないように体験談を話しますm(__)m

 

庭のお手入れをしている間、〝ふく&ぺこ〟を庭で遊ばせていました。

 

「庭の手入れもできるし、ふくとぺこも運動になるし、一石二鳥じゃん♪」こんな軽い気持ちで庭の手入れに没頭していました。

 

はじめのうちは二人でキャンキャン言いながら駆け回って遊んでいたのですが、そのうちだんだんと静かになっていきました。

 

「疲れて休んでるのかな?」とも思ったのですが、人間の子供と一緒で「静かにしている時はだいたい悪いことをしていることが多いな」と思い、振り返ってみました。

 

するとそこには無残な姿の花たちが・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

《パンジー》や《ビオラ》だけが食い漁られていたのです。

 

犯人は食いしん坊の〝ぺこ〟です。

 

犬に有害な花があるというのは知っていましたが、散歩やドッグランに行っても拾い食いはしないし「いくらなんでも花は食べないだろ」と勝手に決めつけていました。

 

「ぺこはお腹が強いほうだし、大丈夫っしょ」と自分に言い聞かせていましたが、昼過ぎに花を食べて、その日の夜にはお腹を壊し下痢をしてしまいました。

 

そして次の日の朝、トイレには下痢と嘔吐のあとがたくさん・・・

 

〝ぺこ〟に申し訳ないという気持ちと、目を離して遊ばせていたとを後悔するばかりでした。

 

症状は下痢と嘔吐を1日に5回くらいしていましたが、食欲もあっていつもと変わらず元気だったので様子を見ることにしました。

 

嘔吐は胃に食べ物が無くても吐いているようでした。

 

うっき
うっき
辛い思いをさせてごめんね

 

ふく
ふく
ぼくは食べちゃダメって注意したんだよ!? 

 

ぺこ
ぺこ
お花もうまうまだったからいいのです!

 

ふく
ふく
そういう問題じゃないよ! 

 

うっき
うっき
もうこんなことがないように注意するねm(__)m

 

【対処方法】素人判断は危険!動物病院へ行こう!

 

2日目、う〇ちが1日目よりも少し硬くなり食欲も元気も有り余っていましたが、下痢と嘔吐の回数が変わらなかったのでかかりつけの病院に行くことにしました。

 

「元気なのに下痢と嘔吐が続くのはおかしいね。でもこの薬を飲ませておけば大丈夫。」と診察されました。

 

薬を飲ませたら本当にすぐに下痢と嘔吐が止まりました。

 

すぐに下痢と嘔吐が止まっても、再発する可能性があるので処方された薬は全部飲ませるようにしましょう。

 

近所の花屋とかホームセンターで普通に売っている花や植物でも犬には有害なものが多いです。

 

  • 観葉植物(ポインセチア、ポトス、シクラメンなど)
  • 寄せ植えで楽しめる植物(パンジー、ビオラ、アイビーなど)

 

犬が誤って食べてしまうと下痢や嘔吐の症状以外にも『痙攣・ふらつき・皮膚炎・神経麻痺』などの中毒症状を発症する場合もあるそうです。

 

特に注意したいのが《ユリ科》の植物で、球根の毒性が強いので最悪の場合【死】に至ることもあるようなので注意が必要です。(タマネギが有名ですね)

 

このような植物を食べてしまった場合、すぐに症状がでなくても後から重症化する可能性もあるのですぐに動物病院で診察してもらいましょう。

 

先生が適切ば判断・対応ができるように『何を、いつ、どのくらいの量』食べたのか重要な情報を詳しく説明しましょう。

 

〝ぺこ〟の場合、食べたのが《パンジー》ということと、食欲も元気もあったので投薬だけで大丈夫だったようです。

 

「少ししか食べてないし、症状が出てないからこのくらいで病院に行くのはなんだか嫌だな」と考えてしまうかもしれませんが、食べた植物によっては重症化すると悪いので、万が一のためにも動物病院に電話で状況を説明することをおススメします。

 

素人判断で『このくらい大丈夫』と決めつけずに、愛犬のためにも先生に診てもらいましょう。

 

ぺこ
ぺこ
そこら中にうまうまがあるのに・・・ 

 

うっき
うっき
もう絶対食べさせないからね! 

 

ふく
ふく
パパさん、風紀委員のぼくからも良く注意しておきます! 

 

まとめ

 

普段散歩する道にもドッグランにもたくさんの植物が生えています。

 

愛犬と一緒に花で有名な観光地に出掛けることもあると思います。

 

犬に有害な花や植物はたくさんあって、それを全部覚えられればいいのですが中々難しいですよね。

 

愛犬の身を守るためには、花や植物を一切口にさせないように目を離さず散歩したりしつけをすることが大切です。(・・・と、自分に言い聞かせてます)

 

【症状】犬は花を食べたら本当に下痢と嘔吐をする!

 

【対処方法】素人判断せず動物病院へ行く!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

https://hibi-papagurasi.com/ketunyou-youtyuui

ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。