ワンコとおでかけ

【犬の車酔い対策4つ】愛犬の車酔いを克服してドライブを楽しもう!

あなたの愛犬は車酔いはしませんか?

僕の愛犬『ふく』は車が大の苦手で、車に乗せて10分も走らないうちに車酔いを起こして嘔吐していました。

ふく
ふく
ぼくは車が大嫌いだったんだ!
  • 車に乗るのを嫌がる
  • 車に乗せた瞬間震える
  • ヨダレが止まらない

あなたの愛犬は、車に乗るとこのような症状がでたりしていませんか?

 

車が嫌いで緊張したりストレスを感じたりしている証拠で、最終的には車酔いを起こして嘔吐してしまいます。

〝ふく〟も、車に乗せるとこのような症状を繰り返していました。

・車に乗せた瞬間に震え出してヨダレをダラダラと垂らす

・落ち着かないのか横にならずにずっと座ったまま

・「今日は吐かなかった!やった!」と思っていたら家に着いた瞬間に嘔吐

やはり、嘔吐をすると可哀想で「車でいろんなところに連れて行くのは人間のエゴなのかな」とか「車酔いはもう治らないのかな・・・」と諦めていましたが、たった4つの方法を繰り返しただけで〝ふく〟の車酔いが克服できたのです!

ここでは、愛犬の車酔いがすごくて悩んでいる方に向けて、我が家の〝ふく〟が車酔いを克服した方法を紹介します。

簡単な事を繰り返すだけで、自分から車に乗り込むほどになりますよ!

ふく
ふく
ぼく、みんなと出掛けたいから頑張ったんだよ!

 

どうして車酔いをするの?

  • 愛犬を助手席に乗せ海岸線をドライブ
  • 窓を開けて外を眺める愛犬の姿

こんな姿を実際を見て愛犬とのドライブに憧れている人も多いのではないでしょうか?

 

ところが現実は大違い。

車に乗せた瞬間ダラダラとヨダレを出しはじめ、10分も運転しないうちに嘔吐・・・(´;ω;`)ウッ

 

この原因『車という新しい環境に緊張しストレスを感じている』からだったのです。

 

車に乗れば、前後左右すべての方向を見渡せます。

車を走らせたら、

  • 今まで聞いたことのないエンジンの音
  • 通り過ぎる他の車のやバイクの音
  • 目まぐるしく変わる景色
  • 前からも後ろからも迫ってくる車

このような様々な音や景色が犬に飛び込んできます。

 

「なんだ、なんだ!怖いよ・・・落ち着かないよ・・・」と、四方八方から飛び込んでくる情報や環境の変化にパニックになり、緊張し、ストレスとなって車酔いをしているのです。

なので、車の中もリラックスできる場所だと感じさせたり、車への恐怖心を無くすことができれば車酔いを克服できると思ったのです。

うっき
うっき
ふくは繊細なので、環境の変化や色んな音が怖かったみたいです。 

 

犬の車酔いを克服する4つの方法

たった3つの方法を繰り返しただけで、車酔いがひどくて毎回嘔吐をしていた〝ふく〟が、車酔いを克服することができました。

ここでは、我が家で行った車酔い克服方法を紹介していきます。

 

車に慣れさせる

いきなりドライブに行くのではなく、まずは車に慣れさせましょう!

嫌がる〝ふく〟を無理やり車に押し込んで、すぐにエンジンをかけてドライブに出発!

これではストレスを感じるのも当たり前ですよね・・・

 

ということで、まずは車に慣れてもらうことにしました。

車の窓を開けて風通しを良くする

エンジンをかけずに愛犬と一緒に後部座席に座る

リビングにいるように本を読んだり寝っ転がったりする

『車もリラックスできる場所なんだ』と感じ取ってもう

家族と一緒に車に乗って家族団らんの時間を車で一緒に過ごしたりして、愛犬の緊張をほぐしてあげましょう。

愛犬が震えなくなったり、ヨダレを垂らさなくなったらエンジンをかけたりして《音》にも慣らしていくといいでしょう。

ふく
ふく
車の中でみんながリラックスしてたから、ぼくも落ち着けるようになったよ♪ 

 

家族が抱っこしてあげる

車に慣れたら、いよいよドライブ。

はじめのうちは家族が抱っこしてあげて『車は怖くないよ』ということを伝えるようにしましょう。

 

車酔いをする犬もいれば全くしない犬もいます。

ぺこ
ぺこ
わたしは車酔いなんてしたことないよ!

車酔いをする犬は、人間にとっては全然気にならないエンジン音や小さな振動でも敏感に察知してしまうので、特に小型犬などは車に乗るだけでストレスを感じてしまいます。

家族が抱っこしてあげて身体が揺れないようにしてあげたり、トラックやバイクなど大きな音が怖いなら「大丈夫だよ。いい子だね。」などと声を掛けて安心させてあげましょう。

大好きなタオルやベッドと一緒に抱っこしてあげると犬はリラックスできるのでおススメです。

 

また、犬には家族の中でも優劣があるので、愛犬が家族の中で一番大好きな人が抱っこしてあげると効果的です。

ふく
ふく
ぼくはママが大好きだから、ママに抱っこしてもらえれば頑張れるんだ!

 

オヤツをあげる

  • 車に乗ったら「いい子だね」とオヤツをあげる。
  • 目的地に着いたら「頑張ったね」とオヤツをあげる。

目的地に行く時と家に帰る時に、この2つを繰り返して行いました。

犬は頭がいい動物なので、そのうち『車に乗ったらいい事がある♩』と学習していきます。

『車は怖くない!楽しいものなんだよ♪』ということを愛犬に教えてあげればいいのです。

オヤツのあげすぎは車酔いの原因に繋がるので、一口サイズのオヤツをあげると良いでしょう。

車酔いしやすい子は食後や空腹の時間は避けた方がいいと聞いたことがあるので、朝ご飯をあげたら昼過ぎくらいに出掛けるのがちょうどいいタイミングです。

ふく
ふく
今はいつ出掛けても吐かなくなったよ♩

 

車で公園やドッグランに連れて行く

犬って散歩や走ることが大好きですよね。(嫌いなワンちゃんもいるかもですが・・・)

なので、車に乗って大好きな公園やドッグランにたくさん連れていってあげましょう。

おやつをあげることと一緒で、目的地で楽しいことがあれば『車に乗ったら楽しいことがある♩大好きな場所に行ける!』と学習していきます。

 

はじめは近所の公園に車で行って散歩してあげて、車酔いしなくなったら徐々に距離を伸ばしていきましょう。

〝ふく〟はボール遊びが大好きで、思いっきり走り回れるドッグランに何度も連れて行ってました。

行き帰りにヨダレと嘔吐で服も車も汚れまくり

行きか帰りのどちらかだけ嘔吐(嘔吐の回数が減る)

行き帰りともヨダレだけになる(嘔吐はしなくなる)

たまにあくびが出るくらいになる(少しだけストレス)

車酔い克服(^^)v

というような感じで徐々に車酔いの症状が良くなっていきました。

 

昔はドッグランで走り回ったあとで疲れてるはずなのに、緊張やストレスのせいで車の中でずっと座ったままでしたが、今では車の中で横になったり眠ってくれるようにまでなりました。

大好きな家族に抱っこしてもらって散歩やドッグランに行けば、楽しくて嬉しいことばかりなので、早く車酔いを克服できるかもしれませんね。

ふく
ふく
車に乗って大好きなドッグランに行けるから、車にのるのが楽しみになったよ 

 

まとめ

うちの愛犬〝ふく〟は、

・大好きなママに抱っこしてもらう

・大好きなオヤツをもらう

・大好きなドッグランに連れて行ってもらう

この大好き3点セットで車酔いを克服しました。

 

はじめのうちは家から車で5分の動物病院に行くのにもヨダレまみれで、家に帰ってすぐに嘔吐を繰り返していました。

そんな〝ふく〟が、今では車のドアを開けて「ジャンプ!」と言うと、自ら車に飛び乗るまでに成長しました。

他の車酔い対策を試しても効果がなかったあなた、この大好き3点セットを試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに〝ふく〟の場合、市販で売ってるこのような酔い止めシロップは全く効果がありませんでした。

 

また、僕は試していませんが、動物病院で酔い止めの薬を処方してもらえます。

酔い止めと一緒にここで紹介した対策を行えば、愛犬の嘔吐で服や車が汚れることなく『いつのまにか車酔いも克服してる!』なんてことも可能かもしれません。

 

〝ふく〟の車酔いは本当に凄いものでした。

そんな〝ふく〟が車酔いを克服できたので、愛犬の車酔いで悩んでいるあなたも根気強く車酔い対策を試してみて下さい。

車酔いを克服して、愛犬とのドライブを今まで以上に楽しみましょう!

ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。