ワンコの豆知識

犬が特定の人にだけ『うれしょん』をするのはなぜ?対処方法はあるの?

我が家の〝ふく〟は【大の犬嫌い&人嫌い】なのですが、家族以外で唯一心を許している人物がいます

 

それは、妻のお母さん(ここではばぁばと書きます)です。

 

理由はわかりませんが、ばぁばに初めて会った時から警戒することなく尻尾をフリフリして近付いていくのです

 

ばぁばのことが大好きみたいで、ばぁばが家に来ると必ず『うれしょん』をするのです・・・

 

尻尾をブルンブルン回して、興奮の仕方が尋常じゃない!

 

僕が家に帰ってくる時より喜ぶから、

 

軽く・・・

 

いや、かなりの嫉妬ですよね!( *`ω´)

 

〝ふく〟にうれしょんをされた時があるのは、ばぁばと妻だけ・・・

 

どうしてこの2人だけうれしょんをされるのでしょうか?

 

特に、ばぁばと会うのは3ヶ月に1回とかのペースなのに毎回うれしょんをするのです。(-“-;A …アセアセ

 

うっき
うっき
  ばぁば、猫派なのに・・・

 

ばぁばは「全然気にしていないから大丈夫」と言ってくれるけど、飼い主としてはやっぱりうれしょんは恥ずかしい。(*´∀`)

 

ということで、このうれしょんを治す方法はあるのか?と疑問に思い、うれしょんをする理由や対処方法を調べてまとめてみました。

 

特定の人にうれしょんをするのはなぜ?

 

犬が嬉しい時や興奮した時におしっこをしてしまうのが『うれしょん』と言いますが、この『うれしょん』というのは、飼い主や家に来た客人などの特定の人物にしてしまうことが多いみたいです。

 

うれしょんをされたら服は汚れるし、その相手が来客だったら困りますよね。

 

犬はなぜ特定の人物にうれしょんをしてしまうのでしょうか?

 

興奮しやすいから

 

うれしょんをする犬のほとんどが、興奮しやすい性格だといわれています。

 

特定した大好きな人が来ると、自分の興奮を抑えきれずにおしっこが出てしまうようです。

 

なので我が家の〝ふく〟の場合、妻やばぁばという大好きな人を目の前にして「どこ行ってたの!?好き好き!ギュッてしてー」というように、興奮して感情をコントロールできなくなってしまっていたのですね。

 

うっき
うっき
  ふくの場合、興奮しやすいのが理由なのかなぁ。でも、ばぁばに会った時しかあんなに興奮しないんだよな・・・

 

服従心が大きいから

 

犬のうれしょんは、群のボスに対して服従心を表すためにすると言われています。

 

この服従心というのは、自分が相手より弱いとか自分の方が下位にいるということを認めている行為なのです。

 

飼い主としてはうれしょんされたら困りますが、犬にとっては本能的に行うごく自然な行動のようです。

 

うっき
うっき
  ということは、うれしょんされたことのある妻のことを我が家のボスと思っているということなの!?ショック・・・∑(゚Д゚)

 

かまってもらえると思っている

 

うれしょんをしてしまった時に「わーやめてぇ!」とか「何やってるの!」と大声を出したりして過剰に反応してしまうと、犬は『おしっこしたらみんな喜んでるじゃん♩』と勘違いをしてしまいます。

 

この場合、無意識におしっこが出ているのではなく、大好きな飼い主の気を引こうとして『うれしょんすれば構ってもらえる♩』とおしっこをしている場合もあります。

 

うれしょんをされたら大声を出したくなる気持ちもわかりますが、怒鳴ったりせずに黙々と処理した方が次の為になるということですね。

 

うっき
うっき
  家族にも「失敗しても大声出さないで」と言っておくといいかもしれませんね

 

不安やストレス、気が弱い性格のため

 

気が弱かったり繊細だったりする子は、ストレスや不安から恐怖を感じてうれしょんすることもあるそうです。

 

今までに一度もうれしょんをしたことがない子が急にするようになったら、大きなストレスや不安を感じている可能性もあります。

 

長時間の留守番が続いたり、家の環境が大きく変わった時は、ストレスや不安を感じやすいので注意が必要ですね。

 

うっき
うっき
  ふくはビビりで繊細なところがあるから、性格もうれしょんに影響してるのかな?

 

子犬はうれしょんをしやすい

 

うれしょんをする子は、子犬の方が多いといわれています。

 

精神的にも肉体的にも成長途中なので、まだ感情を自分で抑えることができなかったりちょっとしたことで興奮状態になってしまうからです。

 

成長するにつれて治まってくるケースが多いようですが、成犬になってもうれしょんをしてしまう子もいるようです。

 

うっき
うっき
  成長して、うれしょんのおしっこの量は前より減った気がする・・・

 

うれしょんの対処方法

 

愛犬からの愛情表現だったり服従心は飼い主にとっては嬉しいことですが、一緒に暮らしていく上では服や家が汚れるし改善したいことでもありますよね。

 

うれしょんをやめさせる方法、治すための方法があるようなので紹介します。

 

興奮させないこと

 

うれしょんを治すには、愛犬が興奮しているなら落ち着くまでかまわないことが大切です。

 

もし愛犬が興奮状態なら《おすわり・ふせ》などでの指示を出して愛犬の気持ちを落ち着かせてあげましょう。

 

また、長い時間留守番をしたあとにうれしょんをすることが多い犬の場合は、外出するときにケージの中に入れておくのも効果的です。

 

帰宅してすぐに愛犬と触れ合いたい気持ちもわかりますが、その気持ちをグッとこらえてケージからすぐに出すのではなく、5~10分くらい目を合わせたり声をかけないようにすることで愛犬を落ち着かせることができます。

 

犬は時間が経つと落ち着いていることが多いので、帰宅したらすぐに『○○ちゃん、ただいま~♪』と愛犬のところに駆け寄るのではなく、先に着替えや手洗いうがいを済ませてから「ただいま~」とリビングに入っていったり工夫してみましょう。

 

うれしょんをしてしまう犬は興奮しやすい性格の場合が多いので、愛犬の感情をコントロールできるように飼い主であるあなたの行動を変えることが必要ということですね。

 

うっき
うっき
〝ぺこ〟は帰宅時や起床時に嬉しくて飛び掛かってくるので《おすわり》と指示を出して落ち着かせるようにしています。

 

ぺこ
ぺこ
早くかまってほしいから飛びついちゃうの♪ 

 

うっき
うっき
ふくもばぁばに会う時だけ《おすわり》とかで落ち着かせないといけないね! 

 

ふく
ふく
でも、ばぁばのニオイすぐに嗅ぎに行きたいなぁ・・・(´・ω・`) 

 

うっき
うっき
喜んで飛び掛かってくる愛犬の姿は可愛いですが、うれしょんが嫌ならまずは【落ち着かせること】が大切ということですね 

 

大声を出さない・叱らない

 

うれしょんをされてしまったら服や家の中が汚れてしまうので嫌ですよね。

 

でも、その時に「あぁ~やられた!」とか「何やってるの!」などと大声を出したり叱ったりしてはいけません。

 

なぜなら、大声を出すことで大好きな飼い主に『かまってもらえてる♪』とか『喜んでる♪』と勘違いをし、次第に【飼い主の気を引く】ようになってしまうからです。

 

先ほど伝えた通り、犬は本能でうれしょんをしてしまいます。

 

飼い主であるあなたへの愛情や服従心からうれしょんをしてしまうということを忘れないようにしましょう。

 

大声を出したり怒鳴ったりしてしまうと、犬は『飼い主にかまってもらえる♪』と勘違いをしてしまいます。

 

そのことを覚えてしまうと、犬はうれしょんをして飼い主の気を引くようになってしまうかもしれないので、大声を出したり叱ったりしないようにしましょう。

 

うれしょんをされたらビックリしてしまいますが、飼い主も落ち着いて何事もなかったかのように処理するようにした方がいいですね。

 

うっき
うっき
トイレトレーニングの時の《失敗しても騒ぐな》と同じように対処したらいいんだね!

 

マナーベルトをする

 

毎回うれしょんをしてしまうなら治した方がいいかもしれませんが、特定の人だけにうれしょんをしてしまうなら《マナーベルト》や《おむつ》を付けておくのも一つの手です。

 

根本的な解決にはなりませんが、うれしょんをしてしまう来客がある時には便利なので上手に活用しましょう。

 

 

 

うっき
うっき
ふくの場合、ばぁばにしかうれしょんしないからマナーベルトで対処しようかな?

 

ふく
ふく
ばぁばも喜んでるからいいじゃない♪ 

 

うっき
うっき
興奮させないように努力はするね! 

 

まとめ

 

犬がうれしょんをしてしまうのは、

 

  • 興奮するから
  • 服従心のため
  • かまってもらいたい
  • 不安やストレスから
  • 甘えたい

 

という理由からです。

 

うれしょんをされたら家の中や服が汚れるし、イライラしてしまう気持ちもわかりますが、大声をだしたり怒鳴ったりしないで対応してあげましょう。

 

犬を変えようとするのではなく《飼い主であるあなた自身の行動を見直して変えることでうれしょんは治せる》ということです。

 

うれしょんに限らず、ドッグランや散歩中のトラブル回避の為にも【愛犬の感情は飼い主が上手くコントロールする】ことが必要ですよね。

 

飼い主の指示をちゃんと聞いてもらえるようにトレーニングしていくことが大切になってきます。

 

普段から愛犬と上手にコミュニケーションをとって〝うれしょん〟させないように対応していきましょう。

ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。