ワンコと病気

【犬が耳をかゆがる】耳が赤い時はマラセチア性外耳炎のサインかも!?

愛犬が急に耳をかゆがるようになった・・・(-“-;A …アセアセ

 

耳を確認してみると、耳の中が真っ赤!それになんだか鉄臭い!

 

それ、もしかすると外耳炎かもしれませんよ!?

 

我が家の〝ぺこ〟がそのような症状が出たので動物病院で診てもらうと、『マラセチア性外耳炎』と診断されました。

 

我が家に迎え入れて初めての病気でした。

 

今回は、我が家の〝ぺこ〟のように急に耳をかゆがるようになったり、耳の中が真っ赤になって不安になっている飼い主さんに向けて、『マラセチア性外耳炎』の症状や治療方法など〝ぺこ〟の経験談を含めて紹介します。

 

ぺこ
ぺこ
お医者さんもお薬も頑張ったよ!

 

マラセチア性外耳炎とは?

 

マラセチア性外耳炎は《マラセチア菌》というカビの一種に感染して発症する耳の病気です。

 

外耳炎の他にも皮膚に炎症を起こす場合もあります。

 

今回は〝ぺこ〟が発症した外耳炎について紹介します。

 

マラセチア菌って何?

 

マラセチアは酵母菌というカビやキノコなどの真菌の一種で、増殖するために脂質を必要としています。

 

マラセチア菌は健康な身体の犬にもいる常在菌です。

 

免疫力が落ちたり皮膚の状態が悪くなると皮脂の分泌が多くなり、その分泌された皮脂を好む菌が増殖して皮膚トラブルや外耳炎を発症させるそうです。

 

ふく
ふく
マラセチア菌はどのワンちゃんにもいるってことだね♪

 

マラセチア性外耳炎の症状

 

〝ぺこ〟が外耳炎になった時いろんな症状が出ました。

 

  • 耳をかゆがる(後ろ足で耳の付け根をかく)
  • 頻繁に頭を振る
  • 耳が臭い
  • 耳を触ると痛がる
  • 耳の中が真っ赤になる

 

他にも耳垂れをしたりフケが多くなったりする症状も出るそうです。

 

〝ぺこ〟は病院に行く当日に症状が悪化し「なんか耳の中が鉄臭いな」と思っていたら、耳をかきすぎて出血までしていました。

 

耳を頻繁にかく

自分で耳を傷つける

キャンッッッ!と鳴いて痛がる

 

【痛いけど痒い】という、とても可愛そうな状況になっていました・・・。(´;ω;`)

 

うっき
うっき
週に1回は耳掃除してたのにな・・・ 

 

ぺこ
ぺこ
痛いけど痒みは我慢できなかったの・・・(´;ω;`)ウゥゥ 

 

マラセチア外耳炎の治療方法

 

頻繁に痒がるようになってから1日様子をみましたが、次の日の朝に症状が悪化していたので病院に向かいました。

 

先生に診てもらうと「きっとマラセチア菌の外耳炎ですね。」と、すぐに症状がわかったようでした。

 

診察方法

 

診察方法は、綿棒で耳の中をクルクルとして耳垢や菌を採取します。

 

採取したものを顕微鏡でマラセチア菌が増殖していないかすぐに確認してくれました。

 

顕微鏡の映像を見ながらマラセチア菌について丁寧に説明してもらったので、『菌はどの犬にもいる』と聞いて安心することができました。

 

そのあと耳の中を洗浄してもらい当日の診察は終了です。

 

うっき
うっき
耳を洗浄してもらって痒みもなくなったようでした。 

 

ぺこ
ぺこ
良い子だねって先生に褒められたよ♪ 

 

マラセチア性外耳炎の治療方法

 

〝ぺこ〟は症状が軽いほうだったようで、直接耳に薬を垂らして与える《点耳薬》を処方されただけで済みました。(薬の名前は忘れてしまいました・・・)

 

『点耳薬を2~3滴を1日2回処方し、1週間後に再診して下さい。』ということでした。

 

1週間後に診察してもらうと、菌はもういないということだったのですが、「マラセチア菌は再発する可能性が高い病気なので、点耳薬は使い切るまで処方して下さい。」と言われました。

 

症状が重い場合は耳の洗浄に通院したり、痒み止めや抗生剤の内服薬を処方したり注射をする必要もあるみたいです。

 

点耳薬を処方する方法は、

  1. 耳を上にひっぱたりひっくり返したりして抑える
  2. 耳の付け根をめがけて2~3滴、薬を垂らす
  3. 耳の外側から耳の付け根をモミモミする

これだけです。

 

〝ぺこ〟は点耳する時も大人しくしてくれるのですんなり薬をあげることができました。

 

うっき
うっき
ふくは耳に薬を垂らされるのが嫌いでガウガウ犬に変貌します・・・ 

 

ふく
ふく
耳に液体が入ってきたらビックリするでしょ!? 

 

まとめ

 

マラセチア性外耳炎は犬がかかりやすい病気の一つです。

 

特にミニチュアダックスなどの耳が垂れているワンちゃんは、耳の中の通気性が悪く湿気が溜まりやすいため、菌の好きな皮脂が多くなってしまいます。

 

つまり、マラセチア菌が増殖しやすい環境というわけです。

 

うっき
うっき
ぺこも垂れ耳で、ふくに比べると耳の中がベトッとしている感じがします 

 

ぺこ
ぺこ
でも、先生に「耳がキレイですね」って褒められるよ♪ 

 

ふく
ふく
ぼくの方が耳垢が多いかも・・・えへへ(〃´∪`〃)ゞ 

 

定期的に耳掃除をしたり、シャンプーのあとのドライヤーもしっかり行ったり、マラセチア菌が増殖しにくい環境をつくっていきましょう。

 

また、日頃から健康時の耳のニオイやしぐさなどを把握しておくことで、ちょっとした変化に敏感になることができます。

 

愛犬のパパ・ママという保護者の立場になって、日頃の行動やしぐさをチェックしていく癖をつけていくことが大切ですね。

ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。