ワンコとおでかけ

夏も愛犬との散歩を楽しもう!散歩するならおススメの時間帯はいつ?

愛犬家の皆さん、夏の犬の散歩どうしていますか?

 

暑くなってくると愛犬の散歩の時間帯ってどうしようか迷ってしまいますよね。

 

飼い主のあなたも夏に散歩に行けば汗だくになってしまうし、あなたの愛犬も暑さでハァハァ息切れしているのではないでしょうか。

 

いつも午前9時頃に散歩に行っているとしても、夏の午前9時では日差しが強くてアスファルトは触ってられないほど熱くなってしまいます。

 

そんな暑さの中、可愛い愛犬を散歩させては熱中症になったり火傷を負わせてしまう可能性があります。

 

ここでは、夏の犬の散歩で悩んでいる人へ向けて【夏の散歩方法】を紹介します。

 

うっき
うっき
夏でも愛犬の喜ぶ顔が見たいので散歩に行きたいですよね 

 

夏の犬の散歩の注意点

 

好きな時間に行っていた散歩も、夏の暑い間は散歩に行く時間も限られてきますよね。

 

近年の夏は猛暑が続き、気温は連日30度を超え、夜になってもなかなか気温が下がらない《熱帯夜》となるのは当たり前になってきました。

 

炎天下の中外に出るのは人間でも嫌になりますよね。

 

そのため「まだ涼しい午前中に散歩に行こう」とか「日が沈んだ夕方に散歩に行こう」と考える人が多いのですが、その時に気を付けてほしいのが《地面の熱》です。

 

日中の太陽に熱せられたアスファルトは、夕方になっても熱いままだし、日がでればすぐに熱くなってしまいます。

 

夏の暑い時期は、この熱い地面に注意して散歩をする必要があるのです。

 

熱中症

 

夏の犬の散歩では【熱中症】に注意して下さい。

 

人間だけでなく犬も熱中症にかかります。

 

犬は人間よりも地面に近い位置を歩かなくてはいけませんよね。

 

人間よりも背の低い犬たちは、道路からの照り返しの影響を受けやすく、人の何倍もの暑さを感じてしまうのです。

 

散歩中に犬が熱中症になってしまうのも、道路の照り返しが原因になる場合が多いようです。

 

・体温調節が苦手な犬(ペキニーズ、パグ、フレンチブルドッグなど)は、息の通り道が狭く高温状態になりやすい

・大型犬(ゴールデンレトリーバー、ラブラドールなど)は、小型犬に比べて体温を下げにくい

・呼吸器や心臓に疾患のある犬も、通常の犬に比べると熱中症になりやすい

 

あなたの愛犬の特徴や性格を理解して、長距離の散歩は控えたり、飲料水は必ず持って散歩に行くようにしましょう。

 

うっき
うっき
  愛犬がボーっとしてないか、呼吸がいつもより荒くないかよく観察して散歩しましょう 

 

肉球が火傷する

 

真夏のアスファルトは50~60℃もの温度になるため、肉球の火傷には十分に注意して下さい。

 

人間は靴を履いているのでわかりづらいですが、地面を手で触ってみると場所によってはずっと触っていられないくらい熱くなっていることがわかります。

 

道路やマンホールなどは想像すれば熱いのはわかりますが、芝生も靴の裏が焦げるくらい熱せられていることもあります。

 

「もう夕方で風も気持ちいいから散歩に行こう♪」と思っていても、アスファルトの熱は冷めていないことが多いので注意して下さい。

 

海に犬を連れていくのはいいいのですが、砂浜をずっと歩かせるのはやめたほうがいいでしょう。

去年の夏に海で見た犬は、砂浜が熱くて飛び跳ねるように飼い主の後ろをずっと歩いていました。(飼い主は気付いていないようだった)

人間でも砂浜の上を裸足で歩くのは熱いのだから、犬だって一緒です。

犬は痛みに強いといわれているので、熱さをずっと我慢して『気付いたらいつの間にか火傷していた』ということになりかねません。

 

ぺこ
ぺこ
肉球はやわらかくて傷つきやすいんだよ!

 

夏の散歩の時間帯はいつがいい?

 

真夏でも可愛いわが子のため散歩に行きたいし、愛犬だって外に出たくてウズウズしていることでしょう。

 

熱いからといって散歩に行かなければ犬のストレスになるし、運動不足になってしまいます。

 

では、夏の愛犬との散歩はどの時間帯に行くのがいいのでしょうか?

 

道路が冷めてる早朝がおススメ

 

多少地域差があるとは思いますが、夏の散歩の時間帯でおススメするのは4時~6時の間です。

 

4時くらいからだんだん空が明るくなってきて、7時くらいになると日差しも強く太陽の暑さを肌で感じられるくらいになってしまいます。

 

早朝なら日中に熱せられたアスファルトも夜には冷めて、人間も汗をかかないくらいの体感温度で快適に散歩できます。

 

「仕事があってそんなに朝早くから散歩できない」とか「朝が弱いから早起きができない」という人は、完全に日が沈んでから散歩に行きましょう。

 

僕は仕事の日は20時頃、休みの日はなるべく早起きして5時頃に散歩にいっています。

 

早朝に散歩に行くにしても、夜に行くにしても、道路を触ってみて熱くないか確かめてから散歩に行くのがいいですね。

 

夜の散歩の注意点

 

僕は20時頃に散歩に行くのですが、その時間でも日が暮れてからそこまで時間が経過していないので、アスファルトの熱が残っていることもあります。

 

人間は多少涼しく感じてきても、地面に近い犬はまだまだ暑さをかんじていることでしょう。

 

なので、散歩コースを工夫したり愛犬の体調をよく観察しながら散歩してあげて下さい。

 

僕が夜の散歩をするときは、アスファルトよりは比較的温度の低い芝生のある公園の中を長く散歩させています。

 

ふく
ふく
ぼくは道路が熱いと散歩したくないんだ! 

 

うっき
うっき
地面が熱いと動かなくなるもんね

 

ぺこ
ぺこ
わたしは散歩の途中でお水が飲みたい♪ 

 

うっき
うっき
夜でも飲料水は持って散歩に行くようにしましょう

 

夜間の散歩は、ライトを使用したり反射板を付けたりして、交通事故から愛犬の命を守ってあげて下さい。

 

犬の夜の散歩は危険!?愛犬を危険から守るおススメ散歩グッズ仕事が忙しくて日が沈んでからしか散歩ができない人や、夏の暑い時期だけ夜に散歩をする人も多いのではないでしょうか?夜の犬の散歩では、ライトや反射板、発光する散歩グッズが必須といってもいいでしょう。ここでは、夜の犬の散歩におススメしたい散歩グッズを紹介します。...

 

まとめ

 

夏の愛犬との散歩は、

  1. 道路が冷めた早朝
  2. 日が完全に沈んだ夜

に行きましょう。

 

犬種や犬の個体差によって体力や運動量が違うので、あなたの愛犬の特徴をよく理解し、よく観察しながら散歩しましょう。

 

「いつもより呼吸が荒いな」などと異変を感じたら、無理せず早めに散歩を切り上げるようにした方がいいですね。

 

短い時間の散歩でも、犬にとっては気分転換になるしストレス発散になります。

 

近年では猛暑や熱帯夜が続くことが多いので、決して無理することなく夏の散歩を楽しみましょう。

ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関するアレコレを発信・共有するブログです。 犬はわが子のように可愛くて『話せない子供』と思って日々過ごしています。 愛犬家の人も愛猫家の人もみんな集まれ!
テキストのコピーはできません。