保護犬って可愛いよ

保護犬の子犬を迎えることはできる?我が家の保護犬は生後7ヶ月でした

『保護犬を迎え入れようと考えているけど、保護されるこの中には子犬もいるの?』と疑問に思う人もいることでしょう。

結論から言うと、子犬の保護犬を迎えることはできます。

我が家の元保護犬〝ぺこ〟が、保護犬カフェという施設に保護された時は生後7か月でした。

ここでは、我が家が保護犬を譲渡してもらった経験を元に、子犬を保護迎え入れる方法や注意点を紹介します。

 

保護犬の子犬を迎え入れるには

保護犬で子犬を探している方は、《子犬 里親募集》などでネット検索してみて、里親を募集している保護団体のホームページを探してみましょう。

ネットが普及している現在では、Twitterジモティーなどでも里親を募集しているので、《○○県 子犬 里親募集》などで検索してみて下さい。

思ったよりたくさんの子犬が里親募集されています。

 

元保護犬〝ぺこ〟を譲渡してもらった場所

我が家はNPO法人ラブファイブが運営している【保護犬カフェ】という施設で生後7か月の子犬を譲渡してもらいました。

保護犬カフェでは、生後6か月以下の子犬もたまに保護されてきますが、カフェに出ている子を見ると1歳以上の成犬が多い印象です。

ふく
ふく
7ヶ月って子犬なのかな…? 
うっき
うっき
身体もまぁまぁ大きかったしね。 
ぺこ
ぺこ
保護されてから1.5㎏大きくなったよ♪

【⇓保護犬カフェについて知りたい方はコチラ⇓】

保護犬カフェとは何?【口コミ】保護犬とふれあいたい人にオススメ!あなたは【保護犬カフェ】って知っていますか? テレビやニュースなどでも取り上げられることが増えてきたので、ご存知の方も多いかもしれ...

 

子犬はすぐに里親が見つかる

保護犬カフェにもたまに子犬が保護されますが、やはり1歳以下の若い犬から先に新しい家族が見つかっていくようです。

特に人気のある犬種のボストンテリアなどの子犬だと、SNSで紹介された数時間後に家族が決まることもあります。

『どうしても子犬がいい!』という方は、こまめにSNSや保護団体のHPを確認しておくといいでしょう。

うっき
うっき
ぺこをカフェで見た時は『天パのおてんば娘で可愛い♪』と一目惚れでした。
ぺこ
ぺこ
あたちは1ヶ月もカフェにいなかったかも?短い間だったけどスタッフさん優しかったなぁ♡
ふく
ふく
たくさん愛情を貰えてよかったね♪ 

 

保護される子犬の特徴

生後3か月などの子犬が保護された場合、《先天性の麻痺》など、大きな病気を抱えている子も中にはいます。

  • 下半身が麻痺して上手く歩けない
  • 片足だけ麻痺していてびっこを引いて歩く
  • 脳性麻痺で身体が震えてしまう

先天性麻痺の他にも、てんかん持ちだったり、奇形だったり、ペットショップに出せないから保護されたような子がいるのも事実です。

SNSやジモティを見ても雑種の子犬が多くて、純血種の子犬が保護されることは極めて少ないと思ってください。

ぺこ
ぺこ
あたちはこう見えても、パピヨン×チワワのミックスなんだよ!? 
うっき
うっき
身体が大きいし、チワワ要素がほとんど見当たらない…(;^_^A 
ふく
ふく
ちなみにぼくもパピヨン×チワワのミックス犬だよ♪ 

【⇓パピヨン×チワワ(パピチワ)の性格や特徴が気になった方はコチラ⇓】

パピヨンとチワワのミックス犬【パピチワ】の性格と特徴を紹介!ミックス犬を飼いたい!と考えている方へ向けて、パピヨン×チワワのMIX犬『パピチワ』の性格や特徴を、愛犬〝ふく〟と共に紹介します。...

 

保護犬の子犬を迎え入れる時の注意点

『子犬だからトレーニングも簡単そう♪』とか『人懐っこいし全然怒んないじゃん♪』などと考えていると痛い目を見ることになるかもしれません。

可愛いからという単純な理由で家族として迎え入れたくなりますが、1つの小さな命を守るという覚悟と責任は重要になってきます。

 

性格や外見が変化することがある

子犬の場合成長途中なので、性格や外見が変わっていく可能性もあります。

  • 大人しかったのに成長するにつれてヤンチャになる
  • 噛み癖や吠え癖が強くなる
  • 思っていたよりも大きく育つ

このように自分が思っていたように成長しなかったために『こんなはずじゃなかったのに…』と、一緒に暮らすのに手を焼いてしまい飼育放棄をしてしまう無責任な人間もいるようです。

《性格や外見が変化する》というのは、楽しみな部分でもあると同時にデメリットでもあるのかもしれませんね。

うっき
うっき
ぺこは、保護犬カフェにいた時と今でも性格が変わらないね。(笑) 
ふく
ふく
おてんばのかまってちゃん。すぐにぼくの間に入って邪魔してくるんだよ!? 
ぺこ
ぺこ
だってパパさんに『いい子だね♪』って撫でてもらいたいじゃん? 

 

新たに病気が発覚することがある

保護された時は身体のどこにも病気はなくても、《実は先天性の病気だった》ということもあります。

ぺこが保護犬カフェにいた時は病気も怪我もないとても健康な子でした。

しかし、膝蓋骨脱臼と診断されたり・マラセチア外耳炎にかかったり・皮膚に炎症を起こしたり、先住犬の〝ふく〟よりも病気にかかる回数が多いのは元保護犬の〝ぺこ〟の方です。

うっき
うっき
『保護犬だから免疫力とか関係あるのかな?』なんて考えてしまったり…。

でも、このようなことは覚悟していたし『絶対に幸せにする!』という気持ちは家族に迎え入れた時から変わりません!

保護された時にはどこにも病気がなくても、後から発覚することもあるということは頭に入れておいてください。

ふく
ふく
ラセチア外耳炎についてはこの記事を読もう!  

 

 

トレーニングに時間が掛かることがある

『子犬の方が覚えが速いし、トレーニングが簡単なんじゃない?』と思うかもしれませんが、トレーニングも時間が掛かることもあります。

我が家の〝ぺこ〟は、トイレを覚えるのに時間が掛かりました。

そのせいで、ソファを1個ダメにしたのです…。( ノД`)

〝ぺこ〟を譲渡してもらう時に『この子はトイレを覚えるのに時間が掛かるかもしれません。』と言われました。

保護犬カフェでは、カフェが閉店するとクレートに犬を入れるそうなのですが、朝クレートを見ると排泄まみれになっていることが多かったそうなのです。

保護される前の環境のせいなのかわかりませんが、『狭いところならおしっこしてもいいや♪』と、トイレの場所を勘違いして覚えていた可能性があります。

先住犬〝ふく〟はすぐにトイレを覚えたので、トイレを覚えさせるのは時間が掛かったなぁと思います。

ぺこ
ぺこ
あたちのおかげで新しいソファになったんだよね?(笑) 
うっき
うっき
リセッシュしまくってもおしっこのニオイが取れなかったんだよ!Σ( ̄ロ ̄lll) 
ふく
ふく
新しいソファの方が寝心地良いよね♪

 

まとめ

保護犬の子犬を迎え入れよう
  • ネットで簡単に保護犬(子犬)を探せる
  • SNSを細目に確認しよう
  • 子犬はすぐに里親が見つかる
  • 子犬の純血種はほとんどいない
  • 子犬でも覚悟と責任が必要

保護犬でも子犬がいい場合、ネット環境が普及した今では簡単に検索することができます。

あなたの近所にも里親を募集している人がいるかもしれません。

保護された子犬の場合、純血種はほとんどいないと考えて下さい。

しかし、雑種やミックス犬であっても、ペットショップにいる犬たちと同様とても可愛くて魅力満載です。

この機会に《保護犬》という存在が身近にあることを知ってもらえたら嬉しいです。

保護犬と一緒に暮らすのは難しい?保護犬は魅力満載で可愛いよ!保護犬を迎え入れてデメリットだと思うようなことはありませんでしたが、今振り返ると難しかったことや「他の人なら大変なのかな」と思うようなことはありました。ここでは、保護犬の可愛さを伝えるとともに、保護犬を受け入れる時の良いところや大変だったことを《メリットとデメリット》という形を紹介していきます。...
ABOUT ME
うっき
2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのMIX犬)のパパ【うっき】が、犬に関する様々な情報を発信・共有するブログです。 犬生(犬の人生)は人間より遥かに短いです。我が子のようにたくさんの愛情を与えて、愛犬との生活を充実させていきましょう。
テキストのコピーはできません。