犬の食事

犬の体重が減らないのはなぜ?肥満の原因とダイエット方法【実体験】

あなたは『散歩も毎日行ってるのに、愛犬の体重が全然減らない!』と悩んでいませんか?

  • 毎日散歩に行ってるのに
  • ご飯も規定量あげてるのに
  • おやつもそんなにあげてないのに

このように、我が家の〝ぺこ〟も体重がなかなか減らずに悩んでいました。

動物病院での健康診断では『ちょっとお腹周りにお肉が付いていますね・・・でもまだ大丈夫!』と、先生に少し同情される感じに診察されます。

診察に行くたびに体重が少しずつ増えていくので、診察内容よりも体重を測ってもらう方が恐怖になっていきました。(笑)

『運動が足りないのかな?それともドッグフードが悪いのか?』などと悩み続け、もう一度食事の内容を見直すことにしました。

何を見直したかというと、

  1. ご飯の内容
  2. おやつの内容

この2つを改善しただけでダイエット(体重キープ)に成功したのです!

ここでは、愛犬のダイエットが上手くいかない方へ向けて、我が家の〝ぺこ〟がダイエットに成功した方法を紹介します。

 

犬の体重が減らない原因

犬の体重が減らない理由のほとんどが、運動不足と食べすぎによるカロリーの取りすぎにあります。

その他、どの犬も去勢や避妊をすると太りやすくなるので食事内容に注意が必要です。

 

犬の肥満原因【運動不足】

消費カロリーより摂取カロリーの方が増えてしまうと、オーバーした分のカロリーが脂肪として蓄えられるので肥満になってしまいます。

なので、散歩に行かなかったり家の中でもずっと寝ているだけでは、消費カロリーが少ないので肥満になって当たり前なのです。

小型犬の場合、室内で遊ぶだけでも運動量的には問題ないと言われていますが、外に出て散歩に行くと、たくさんのニオイや緊張感などから刺激され、消費カロリーも多くなります。

犬は本来、身体を動かすのが好きな動物です。

肥満になると関節を傷めたり病気になるリスクが増えるだけでなく、歩いたり走ったりするのを嫌うようになってしまいます。

犬の本能である身体を動かすことの喜びを失わないためにも、肥満の解消は重要になってきますね。

なかなか体重が減らない場合、犬の運動量も見直してみましょう。

 

犬の肥満原因【食べすぎ】

食事やおやつの与えすぎで摂取カロリーが増えると、もちろん肥満になります。

犬の食事は飼い主が準備するので、食事量やおやつの量は飼い主であるあなたがコントロールする必要があるのです。

犬は基本的に《食べられるときに食べる》という性質を持っているので、与えられてもらったものは与えられた分食べてしまいます。

おねだりされると『あげないと可哀そうで…』とか『可愛くてついね…』などと、ご褒美をあげてしまうのも肥満の原因になります。

 

犬の肥満原因【去勢・避妊】

去勢・避妊をした犬は、していない犬に比べると肥満になりやすいとよく聞きますが、その話は本当でした。

愛犬〝ぺこ〟が避妊手術をする前の体重は《約6.2㎏》でしたが、手術後は最大《7.2㎏》まで体重が増えました。

なんと、手術前と同じ量の食事をしていたのに《1㎏》も体重が増えたのです。

人間の《1㎏》の体重の変化はたいしたことではないですが、犬の《1㎏》はかなり大きい変化です。

体重の変化が大きいと様々な病気や怪我の原因にも繋がるので、痩せすぎず太りすぎない理想の体型をキープしたいですね。

【理想の体型】

・肋骨(ろっこつ)を被う余分な体脂肪はなく、肋骨に容易に触ることができる。

・上から犬を見たときに肋骨の後ろに腰のくびれが見え、腹部が引き締まっている。

引用:アメリカ動物病院協会(AAHA)栄養評価犬・猫に関するガイドライン

簡単に言うと、

  1. 触った時に肋骨(ろっこつ)がわかるか
  2. 腰にくびれがあるか
  3. お腹は引き締まっているか

という内容で、肥満かどうかを判断できるということです。

たった《1㎏》の増加で、腰のくびれは無くなり肋骨の感触はわからなくなってしまいました。

うっき
うっき
抱っこして「なんか重くなったかも!?」ってわかるくらいだったもんね! 
ぺこ
ぺこ
ダイエットなんてしなくていいから、もっとうまうま下さい! 
ふく
ふく
膝蓋骨脱臼(パテラ)を持ってるんだから体重管理はちゃんとしないとダメだよ! 
うっき
うっき
体重が増えても減ってもパテラの症状が出たから、理想の体型は維持した方がいいね♪ 
ぺこ
ぺこ
うまうま・・・食べたい・・・(´;ω;`)ウゥゥ 

【⇓膝蓋骨脱臼(パテラ)について詳しくはコチラ⇓】

犬が後ろ足をけんけんするのはなぜ?膝蓋骨脱臼の可能性があります!愛犬と遊んでる時に、いきなり『キャンッ!』と鳴いて後ろ足をけんけんするような行動をした時ありませんか? 時間が経つと普段通りに歩い...

 

犬の体重が減らない時は【食事内容を見直そう】

犬の体重を減らすには、消費カロリーを増やす摂取カロリーを減らすかの2つしか方法がありません。

〝ぺこ〟の場合、散歩は毎日行って運動していたので、消費カロリーは問題ないと判断しました。

そこで、摂取カロリーを減らすために食事内容を見直すことにしたのです。

ご飯の内容とおやつの内容、たった2つのことを見直しただけでダイエットに成功することができたので紹介します。

 

ご飯の内容を改善した

1つ目は【ご飯の内容】を改善しました。

何を改善したかというと【低カロリーのダイエットフード】に変えました。

そして、規定量よりほんの少しだけ1回分のご飯の量を減らしました。

【例(ぺこの場合)】

1回のご飯の量=1カップ大盛り1杯

1回のご飯の量=1カップすりきり1杯

(フードによって規定量が違うので注意して下さい)

トレーニング用におやつも与えるので、我が家ではご飯の量を少しだけ減らしてみました。

1日にあげるご飯の量を守れば、ご飯の回数は何回でもいいし食事の時間帯もバラバラで大丈夫です。

犬は基本的に《与えられた分のご飯を食べられるときに食べる》という性質を持っているので、すぐにご飯を食べ終わったからといって量が足りないというわけではありません。

我が家では朝と夜の2回に分けてご飯をあげていますが、1回の量をほんの少しだけ減らしただけでダイエットに成功することができました。

うっき
うっき
  お湯でふやかしてかさ増ししてあげるのもおすすめです。
ぺこ
ぺこ
あたちは質より量だから、かさましフード食べてみたいな♪ 

【⇓愛犬〝ぺこ〟がダイエットに成功したフードは『サイエンスダイエット・プロ』⇓】

 

おやつの内容を改善した

今までのおやつを変更しておやつの量を減らしました。

今までは『散歩にも行ってるし、家の中でも遊んでるから大丈夫でしょ♪』と、トレーニング用に愛犬の好物であるイモ系や肉系のおやつを与えていました。

更に、歯磨きのあとにも歯磨きガムを与えていたのです。

《⇓毎晩歯磨きのあとにあげていたおやつがコレ⇓》

何も見ないで愛犬のためと思って与えていたのですが、1本あたり8.8カロリーあったのです。

うっき
うっき
  このおやつをやめただけで体重がどんどん減っていきました。

ご褒美のおやつも、イモ系・肉系からクッキー系に変えました。

created by Rinker
¥264
(2020/01/29 11:22:30時点 楽天市場調べ-詳細)

クッキーのおやつは実質40gで1袋に入っている量も多いので、1粒ずつ与えていたら、クッキー系の方がお肉系のおやつよりカロリーが低いということになります。

このように高カロリーのおやつをやめたり、おやつを変えるだけでダイエットに成功したのです!

食べるのが好きな犬の場合は、フードをご褒美のおやつの代わりにあげるのも1つの方法です。

ふく
ふく
たまにはお肉が食べたーい! 
ぺこ
ぺこ
お肉の方がうまうまだぞ!!! 
うっき
うっき
確かにお肉のおやつだと喜び方が違うからね。特別な日だけ買ってくるね♪ 

 

まとめ:食事内容を見直して体重を減らそう

まとめ
  • 消費カロリーを増やせば痩せる
  • 摂取カロリーを減らせば太らない
  • 低カロリーなドッグフードに変えてみえる
  • おやつのカロリーにも注意する

ごはんやおやつを変えただけで、最大7.2㎏あった体重が現在は6.4㎏をキープしています。

もう少し体重を減らしてもいいのかもしれませんが、筋肉がなくなって痩せすぎても《膝蓋骨脱臼(パテラ)》の症状がでたことがあるので、今の体重・体型がベストなのかもしれないです。

「愛犬の喜ぶ姿を見たい!」とか「可愛くてつい・・・」といっておやつのあげすぎには気を付けて下さい。

「これくらいならいいでしょ!」と思っていても、それが積み重なると犬にとっては過度な量となり肥満犬となってしまいます。

人間の勝手な都合で肥満犬にさせないためにも、飼い主であるあなたが食事をコントロールし、飼い主の努力が必要なのです。

散歩や適度な運動も必要ですが、食事を改善すれば簡単にダイエットができます。

愛犬が痩せないと困っているのであれば、是非この機会に愛犬の食事を一度見直してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
うっき
犬のパパとして一緒に暮らしてきた経験を元に、犬を初めて迎え入れる方へ向けて、犬に関する様々な情報を発信・共有するブログです。幸せなドッグライフをナビゲーションできるようなサイトにしたいと思い、『わんパパぐらし』を立ち上げました。 我が家の愛犬は2頭のパピチワ(パピヨン×チワワのミックス犬)です。よろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。